代理店営業に向いてる人の特徴3選!管理職に求められる素質が必要!

代理店営業に向いてる人
  • 代理店営業に向いてる人の特徴は?
  • 逆に代理店営業に向いてない人の特徴は?

このような悩みを解決する記事となっています。

私自身の営業経験や周りの人を見てきて、代理店営業に向いてる人の共通の特徴が分かってきました。

ここでは、私の4年間の代理店営業経験を踏まえて、向いてる人の特徴、向いてない人の特徴についてご紹介します。

\代理店営業の仕事全般を知りたい方へ/

代理店営業の仕事内容へ戻る

代理店営業に向いてる人の特徴

代理店営業に向いてる人の特徴についてお伝えしていきます。

まずは、営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてる人の特徴は以下だと考えています。

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

関連記事

  • 執筆予定

そして、代理店営業ならではの向いてる人の特徴は以下だと考えています。

代理店営業に向いてる人の特徴

  1. チームで一つのものを作っていくことが好きな人
  2. 裏方的な方が性に合っている人
  3. 経営者や管理職に必要なスキルを身につけたい人
営業マン
ただし、決して今時点で向いてる人の特徴に当てはまっていなくてもよく、将来的にこういう仕事の進め方をしたい!といったものでも構わないと思っています。

特徴1:チームで一つのものを作っていくことが好きな人

代理店営業は、売上という同じ目標に向かって、代理店側の人と協力しながら仕事をしていきます。

売上目標を達成するために、代理店経営者と営業戦略を考えたり、自社の商品やサービスの説明会を行ったり、売れるコツをアドバイスすることもあります。

なので、ある意味リーダー的存在となって、代理店の方々を引っ張っていくようなことも重要なのです。

このように、別の会社の人(=代理店の人)と仕事をすることが多いのですが、同じ目標に向かって仲間意識が生まれてることも魅力的です。

営業マン
代理店営業はチームで仕事する機会が最も多い仕事だとも言えます。

特徴2:裏方的な方が性に合っている人

特徴1でリーダー的存在で引っ張っていくことも重要だとお伝えしました。

しかし、実際にはそれだけでは中々思うように売れなくて、壁にぶち当たることもあります。

要は、メンバーとの人間関係を良好に保ち、組織の雰囲気作りをすることも大切なのです。

こうやろう!ああやろう!と色々言ってくる割に、日々の営業活動はあまりサポートしてくれないんだよなといった不満が出ることは想像がつくと思います。

なので、日々、提案に困っていたら顧客に同行する、商品に対する問い合わせがあったら即座に対応する、売るための作戦を一緒に考える、などといった裏方的な方が性に合っている人は向いてるとも思います。

特徴3:経営者や管理職に必要なスキルを身につけたい人

仕事の中で代理店経営者と接点があります。

その中で、普段経営者がどのような考え方や切り口を持って仕事をしているのか学ぶ機会が多くあります。

そのようなインプットができることもあれば、そのインプットしたものを実際にアウトプットしていくことで、経営者に必要なスキルも備わっていきます。

また、特徴1,2で見たように、管理職に求められるスキル(部下の能力を伸ばしてチームとして大きな成果を上げていく)も合わせて鍛えられます。

営業マン
将来的に、経営者や管理職を目指しているのであれば良い経験になります。

代理店営業に向いてない人の特徴

続いて逆に代理店営業に向いてない人の特徴についてもお伝えしていきます。

まずは、営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてない人の特徴は以下だと考えています。

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 受け身な人
  3. 初動が遅い人
  4. 一人で悩みを抱える人
  5. 個人プレーが好きな人

そして、代理店営業ならではの向いてない人の特徴は以下だと考えています。

代理店営業に向いてない人の特徴

  1. 顧客の課題を自分の手で解決したい人
  2. 人の面倒を見ることが嫌いな人
  3. バリバリ働いて稼ぎたい人
営業マン
他にもいくつかありますが、ここに当てはまるものがあるとそもそも仕事どころではなくなってしまう可能性があります。

特徴1:顧客の課題を自分の手で解決したい人

メーカー営業等と違って、自分が直接顧客に商品やサービスを売ることで、課題解決に関わることはありません。

なので、代理店営業は「営業」という言葉はあるのですが、誰もがイメージしているような営業とは少し違います。

あくまで直接顧客に売る人(=代理店の人)が別にいて、その人達が売れるようにサポートをすることがメインなのです。

自らが顧客と直接コミュニケーションを取って、顧客の課題解決に貢献して、感謝されたいと考えている人にとっては向いてないと言えるでしょう。

営業マン
その場合は、同じ形態別であればメーカー営業や商社営業を選択すべきです。

特徴2:人の面倒を見ることが嫌いな人

何度もお伝えしているように、代理店の方々が売れるようにサポートしなければなりません。

そのサポートの中には、「〇〇商品のことちょっと教えてくれる?」「A社に提案しようと思うけど、この提案書で良いかな?」等のように、細々した相談や依頼も含まれます。

そのため、手間のかかることや人の世話を率先して行うことが嫌いな人にとっては苦労する可能性があります。

代理店営業は、このような細々した相談や依頼に丁寧に対応することによって信頼関係が生まれて、代理店側の方々も「〇〇さんのためにもたくさん売ろう!」となってくれるので、これはかなり大事な要素だと思っています。

特徴3:バリバリ働いて稼ぎたい人

代理店営業の年収は、マイナビagentのデータによると、以下のようになっています。

営業の種類別の平均年収

営業の種類平均年収
管理職・マネージャー(営業系)528万円
海外営業・貿易営業513万円
営業企画・営業推進490万円
法人営業447万円
個人営業424万円
代理店営業423万円
ルートセールス403万円
内勤営業・カウンターセールス366万円

出典:職種別平均年収ランキング(マイナビagent)

このように、代理店営業は年収は低い方に分類されてしまいます。

また、代理店営業はノルマが厳しくない傾向にあるので、バリバリ働いて稼ぎたい人にとっては向いてないかもしれません。

ノルマが厳しくない理由は、既に契約している代理店から、ほぼほぼ毎月決まった注文をもらえることが多く、安定した売上が見込めるからです。

まとめ

本記事のまとめ

  • 代理店営業に向いてる人の特徴:①チームで一つのものを作っていくことが好きな人、②裏方的な方が性に合っている人、③経営者や管理職に必要なスキルを身につけたい人
  • 代理店営業に向いてない人の特徴:①顧客の課題を自分の手で解決したい人、②人の面倒を見ることが嫌いな人、③バリバリ働いて稼ぎたい人

\代理店営業の仕事全般を知りたい方へ/

代理店営業の仕事内容へ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5