営業の仕事内容とは?10年の経験を基に徹底的に解説します!

営業の仕事内容
  • 営業ってどんな仕事なの?
  • 必要なスキルって何?やりがいって何?
  • 休み、残業、ノルマ、年収の実態も知りたい・・・

このような悩みを解決する記事となっています。

高校、大学、専門学校で「営業学」といったものがないため、「営業って何やっているの?」と思っている人も多いかもしれません。

ここでは、営業の仕事内容、必要なスキル、向いている/向いていない、やりがい、キャリア、イメージなど営業の全てを大解剖していきます。

営業の役割

営業に求められている役割を理解しないことには、仕事のミスマッチが起こってしまったり、成果が出ないといったことになり兼ねません。

また、よく比較されやすい販売の仕事、マーケティングの仕事との違いについて知ることで、より深く営業の役割が理解できるようになります。

参考:営業の役割について
参考:営業と販売の違いについて
参考:営業とマーケティングの違いについて

営業の仕事内容

よく「営業の仕事内容=商談」と間違った認識をしている人がいます。

実際は「営業の仕事内容=リスト選定/ニーズの仮説構築/アプローチ/面談(雑談/ヒアリング/仮提案)/プレゼン・クロージング/見込み顧客管理」の6つのあり、商談(面談/プレゼン・クロージング)以外の仕事も多いことを理解しましょう。

営業の仕事内容

  1. リスト選定
  2. ニーズの仮説構築
  3. アプローチ
  4. 面談(雑談 ⇒ ヒアリング ⇒ 仮提案)
  5. プレゼン・クロージング
  6. 見込み顧客管理

参考:営業の仕事内容について

営業の種類

営業の所属先には形態別の「メーカー営業/代理店営業/商社営業」、商材別の「有形営業/無形営業」、方法別の「ルート営業/新規営業」、顧客別の「法人営業/個人営業」があります。

また、営業のやり方には、手法別の「御用聞き営業/提案営業/ソリューション営業」、アプローチ別の「飛び込み営業/電話営業/紹介営業/反響営業」があります。

営業の種類

  1. 形態別:メーカー営業/代理店営業/商社営業
  2. 商材別:有形営業/無形営業
  3. 方法別:ルート営業/新規営業
  4. 顧客別:法人営業/個人営業
  5. 手法別:御用聞き営業/提案営業/ソリューション営業
  6. アプローチ別:飛び込み営業/電話営業/紹介営業/反響営業

参考:営業の種類について
参考:メーカー営業の仕事内容について
参考:代理店営業の仕事内容について
参考:商社営業の仕事内容について
参考:有形営業の仕事内容について
参考:無形営業の仕事内容について
参考:ルート営業の仕事内容について
参考:新規営業の仕事内容について
参考:法人営業の仕事内容について
参考:個人営業の仕事内容について
参考:御用聞き営業の仕事内容について
参考:提案営業の仕事内容について
参考:ソリューション営業の仕事内容について
参考:飛び込み営業の仕事内容について
参考:電話営業の仕事内容について
参考:紹介営業の仕事内容について
参考:反響営業の仕事内容について

営業に必要なスキル

営業に必要なスキルは「仮説構築力/論理的思考力/確率思考力/PDCA力」と4つあります。

また、営業の種類によって必要なスキルも変わってくるので、チェックしておきましょう。

営業に必要なスキル

  1. 仮説思考力
  2. 論理的思考力
  3. 確率思考力
  4. PDCA力

参考:営業に必要なスキルについて
参考:メーカー営業に必要なスキルについて
参考:代理店営業に必要なスキルについて
参考:商社営業に必要なスキルについて
参考:有形営業に必要なスキルについて
参考:無形営業に必要なスキルについて
参考:ルート営業に必要なスキルについて
参考:新規営業に必要なスキルについて
参考:法人営業に必要なスキルについて
参考:個人営業に必要なスキルについて

営業に向いてる人の特徴

営業に向いてる人の特徴は「コミュニケーションが好き/主体的/目標達成思考がある/洞察力がある/ストレス耐性がある」と5つあると考えています。

また、営業の種類によって向いてる人の特徴も変わってくるので、チェックしておきましょう。

営業に向いてる人の特徴

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

参考:営業に向いてる人の特徴について
参考:メーカー営業に向いてる人の特徴について
参考:代理店営業に向いてる人の特徴について
参考:商社営業に向いてる人の特徴について
参考:有形営業に向いてる人の特徴について
参考:無形営業に向いてる人の特徴について
参考:ルート営業に向いてる人の特徴について
参考:新規営業に向いてる人の特徴について
参考:法人営業に向いてる人の特徴について
参考:個人営業に向いてる人の特徴について

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてない人の特徴は「コミュニケーションが苦手/受け身/初動が遅い/一人で悩みを抱える/個人プレーが好き」と5つあると考えています。

また、営業の種類によって向いてない人の特徴も変わってくるので、チェックしておきましょう。

営業に向いてない人の特徴

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 受け身な人
  3. 初動が遅い人
  4. 一人で悩みを抱える人
  5. 個人プレーが好きな人

参考:営業に向いてない人の特徴について
参考:メーカー営業に向いてない人の特徴について
参考:代理店営業に向いてない人の特徴について
参考:商社営業に向いてない人の特徴について
参考:有形営業に向いてない人の特徴について
参考:無形営業に向いてない人の特徴について
参考:ルート営業に向いてない人の特徴について
参考:新規営業に向いてない人の特徴について
参考:法人営業に向いてない人の特徴について
参考:個人営業に向いてない人の特徴について

営業のやりがい

営業のやりがいは「成果が数字に現れる/人との繋がりが増える/人とのコミュニケーションが上手くなる/汎用的なスキルが身につく」と4つあります。

また、営業の種類によってやりがいも変わってくるので、チェックしておきましょう。

営業のやりがい

  1. 成果が数字に現れる
  2. 人との繋がりが増える
  3. 人とのコミュニケーションが上手くなる
  4. 汎用的なスキルが身につく

参考:営業のやりがいについて
参考:メーカー営業のやりがいについて
参考:代理店営業のやりがいについて
参考:商社営業のやりがいについて
参考:有形営業のやりがいについて
参考:無形営業のやりがいについて
参考:ルート営業のやりがいについて
参考:新規営業のやりがいについて
参考:法人営業のやりがいについて
参考:個人営業のやりがいについて

営業のきついところ

営業のきついところは「ノルマに追われる/残業が多い/大半が断られる/苦手な人からも逃げることができない/社内調整が多い/人を動かさなければならない」と6つあります。

また、営業の種類によってきついところも変わってくるので、チェックしておきましょう。

営業のきついところ

  1. ノルマに追われる
  2. 残業が多い
  3. 大半が断られる
  4. 苦手な人からも逃げることができない
  5. 社内調整が多い
  6. 人を動かさなければならない

参考:営業のきついところについて
参考:メーカー営業のきついところについて
参考:代理店営業のきついところについて
参考:商社営業のきついところについて
参考:有形営業のきついところについて
参考:無形営業のきついところについて
参考:ルート営業のきついところについて
参考:新規営業のきついところについて
参考:法人営業のきついところについて
参考:個人営業のきついところについて

営業のキャリアプラン

営業の代表的なキャリアは「管理職/スペシャリスト/職種チェンジ/起業・独立」と4つあります。

現時点では、仮でも良いのでキャリアプランを描いておくことをおすすめします。

営業のキャリアプラン

  1. 管理職
  2. スペシャリスト
  3. 職種チェンジ
  4. 起業・独立

参考:営業のキャリアプランについて

営業のイメージと現実

営業職のノルマ、残業、年収といった実態も知っておくべきです。

「思った仕事と違った」を避けるためにしっかりと把握しなければなりません。

営業のイメージと現実

  1. 誰でもできる(イメージ):誰でもなれる(現実)
  2. ノルマが厳しい(イメージ):厳しい業界もゆるい業界もある(現実)
  3. 残業が多い(イメージ):全体的に全職種の平均値より多いが、業界によっても異なる(現実)
  4. 休みが少ない(イメージ):全職種の平均値より多い業界も少ない業界もある(現実)
  5. 年収が高い(イメージ):全職種の平均値より高い業界も低い業界もある(現実)
  6. 離職率が高い(イメージ):高い業界も低い業界もある(現実)
  7. 接待が多い(イメージ):多い業界も少ない業界もある(現実)

参考:営業の実態について
参考:営業は誰でもできるについて
参考:営業のノルマについて
参考:営業の残業について
参考:営業の休みについて
参考:営業の年収について
参考:営業の離職率について
参考:営業の接待について

業界毎の営業

業界毎の営業の実態について見ていきます。

同じ営業職と言えども、仕事内容は全く異なるので注意が必要です。

業界毎の営業

  1. 医薬品業界
  2. 広告業界
  3. 銀行業界
  4. 不動産業界
  5. 食品業界
  6. IT業界

参考:営業でおすすめの業界について
参考:医薬品業界の仕事内容について
参考:広告業界の仕事内容について
参考:銀行業界の仕事内容について
参考:不動産業界の仕事内容について
参考:食品業界の仕事内容について
参考:IT業界の仕事内容について

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5