営業を辞めたい!となる4つの原因とそれを脱する5つの方法を解説!

営業を辞めたい
  • みんなはどんな理由で「営業を辞めたい」となるの?
  • 営業を辞めたいからってすぐに転職してもいいの?
  • 転職といっても何をやればいいのだろう・・・

このような悩みを解決する記事となっています。

営業として働いていると、一度は辞めたいな・・・と思うことありますよね。

私自身も何度か思ったことがありますが、その状態を乗り越えて今では毎日楽しく営業という仕事をしております。

ここでは、「営業を辞めたい」となってしまう原因とそれを脱するための方法についてご紹介していきます。

営業を辞めたいとなる人の悩み

営業を辞めたいとなる人の悩みは様々あるようです。

その悩みは基本的に「ノルマが辛い/残業が多い/休みが少ない/給料が低い/商材に興味ない/飛び込み営業が辛い/テレアポが辛い」といったものが多いようです。

営業を辞めたいとなる人の悩み

  1. ノルマが辛い
  2. 残業が多い
  3. 休みが少ない
  4. 給料が低い
  5. 商材に興味ない
  6. 飛び込み営業が辛い
  7. テレアポが辛い

参考:ノルマが辛い原因と対策について
参考:残業が多い原因と対策について
参考:休みが少ない原因と対策について
参考:給料が低い原因と対策について
参考:商材に興味ない原因と対策について
参考:飛び込み営業が辛い原因と対策について
参考:テレアポが辛い原因と対策について

営業を辞めたいとなる原因

なぜ先ほどの「営業を辞めたいとなる人の悩み」が生まれてしまうのか。

その原因は大体「スキル・知識が不足している/スキル・知識を正しく使えていない/仕事に対するモチベーションがない/自分に合った営業・会社を選択できていない」のどれか4つに当てはまると考えています。

営業を辞めたいとなる原因

  1. スキル・知識が不足している
  2. スキル・知識を正しく使えていない
  3. 仕事に対するモチベーションがない
  4. 自分に合った営業(=会社)を選択できていない

営業を辞めたいを脱する方法

「営業を辞めたい」と思ったら「すぐに転職だ!」となるのは避けましょう。

今の会社でできることがないか検討した上で、転職を検討するようにしましょう。

営業を辞めたいを脱する方法

  1. スキル・知識を身につける
  2. スキル・知識の活用の仕方を知る
  3. 目的・目標を見つける
  4. 自分に合った営業を知る
  5. 他の会社へ転職する

参考:営業に必要なスキルについて
参考:営業の仕事内容について
参考:営業の目的・目標について
参考:営業の種類について
参考:営業の転職のやり方について

営業種類別の辞めたいとなる原因とそれを脱する方法

これまでは全営業職共通の辞めたいとなる原因とそれを脱する方法を見てきました。

しかし、これらは営業種類別によっても変わってくるので、チェックしておきましょう。

まずは、よくある営業種類別の辞めたいとなる原因についてです。

営業種類別の辞めたいとなる原因

  1. メーカー営業の辞めたいとなる原因:関係部署との調整/商品やサービスの深い知識が必要/クレーム/提供するものが自社の能力に限られる
  2. 代理店営業の辞めたいとなる原因:自分の成果は代理店次第/問い合わせが多い/自分の手で顧客の課題解決ができない
  3. 商社営業の辞めたいとなる原因:扱う商材が多い/メーカーと顧客との板挟み/多くの人を巻き込まないといけない/メーカーがいなければ何もできない/飲み会が多い
  4. 有形営業の辞めたいとなる原因:商品知識を身につける必要がある/興味のない商品も売らなければならない/納品・故障対応がある
  5. 無形営業の辞めたいとなる原因:課題や解決策は一つとは限らない/サービスの導入効果を示すことが難しい/サービスの品質が担保されない
  6. ルート営業の辞めたいとなる原因:売上アップが難しい/細やかな対応が求められる/同じ仕事の繰り返しになる/嫌な人とも付き合い続けなければならない/給料が低い
  7. 新規営業の辞めたい原因:ノルマのプレッシャーがある/とにかく断られる/成果に結びつきにくい/何のために仕事をしているか分からなくなる/仕事の範囲が広く、難易度も高い
  8. 法人営業の辞めたい原因:知識のインプット量が多い/顧客の課題・原因や解決策が複雑/感情や勢いでは売れない/キーマン・購買プロセスを押さえなければならない/多くの人を動かす必要がある
  9. 個人営業の辞めたい原因:とにかく断られる/一人でやり切らなければならない/給料が低く、不安定/残業が多く、休みが少ない

次に、営業種類別の辞めたいを脱する方法についてです。

営業種類別の辞めたいを脱する方法

  1. メーカー営業の辞めたいを脱する方法:顧客側を調整または関係部署への動機付けをする/仕事の目的・目標を明確にする、自分に合った営業を選択する/今できる最速・最善の対応をする、期待値コントロールをする/他社との協業を考える、他の会社へ転職をする
  2. 代理店営業の辞めたいを脱する方法:代理店が売れる仕組みを作る/問い合わせを少なくする仕組みを作る/代理店営業の意義を知る
  3. 商社営業の辞めたいを脱する方法:モチベーションを見つける/落としどころを見つける/マネジメント力を身につける/商社の価値を理解する/社外は我慢、社内は断る
  4. 有形営業の辞めたいを脱する方法:
  5. 無形営業の辞めたいを脱する方法:
  6. ルート営業の辞めたいを脱する方法:提案営業、ソリューション営業、新規営業を実践する/顧客にとってプラスになることをコツコツ続ける/他の会社へ転職をする
  7. 新規営業の辞めたいを脱する方法:パイプラインマネジメントを実施する/新規営業の仕事の流れを知って実践する/営業に必要なスキルを身につける/営業の役割を理解する/他の会社へ転職をする
  8. 法人営業の辞めたいを脱する方法:とにかく勉強!/ヒアリング能力を身につける/論理的思考力を身につける/キーマンアプローチの仕方を学ぶ/人を動かす力を学ぶ
  9. 個人営業の辞めたいを脱する方法:必要なスキル・知識を身につける/正しいスキル・知識の活用の仕方を知る/目的・目標を見つける/ある程度は我慢が必要/商品戦略を考える/他の会社へ転職をする 

参考:メーカー営業のきついところについて
参考:代理店営業のきついところについて
参考:商社営業のきついところについて
参考:有形営業のきついところについて
参考:無形営業のきついところについて
参考:ルート営業のきついところについて
参考:新規営業のきついところについて
参考:法人営業のきついところについて
参考:個人営業のきついところについて

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5