個人営業は一般家庭の方が顧客になる仕事!感情に訴えかけることが大事

個人営業
  • 個人営業って何?
  • 個人営業の仕事内容は?
  • 必要なスキルややりがいってどうなの?

このような悩みを解決する記事となっています。

個人営業は、営業顧客別の一つで、同じ分類である法人営業とは仕事内容が大きく異なります。

そのため、法人営業と比較しながら見ていくことにしましょう。

ここでは、個人営業の定義や仕事内容、やりがい、きついところ等についてご紹介します。

\他の営業の種類を知りたい方へ/

営業の種類へ戻る

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

個人営業とは?

個人営業とは?について、以下の2つの軸で見てきましょう。

個人営業とは?

  • 種類:営業顧客別の一つ
  • 定義:一般家庭の方が顧客の営業

種類:営業顧客別の一つ

営業には形態別の「メーカー営業/代理店営業/商社営業」、商材別の「有形営業/無形営業」、方法別の「ルート営業/新規営業」、顧客別の「法人営業/個人営業」があります。

営業の所属先

営業の種類

この中でも個人営業は顧客別の一つに分類されるものになり、その他の顧客別に「法人営業」と呼ばれるものがあります。

  • 法人営業:企業などの団体が顧客の営業
  • 個人営業:一般家庭の方が顧客の営業
営業マン
個人営業と法人営業の違いは、営業する顧客が「一般家庭の方が顧客」なのか「企業の団体などが顧客」なのかといった違いがあります。

定義:一般家庭の方が顧客の営業

個人営業とは「一般家庭の方が顧客の営業」となります。

個人営業の例としては以下のようなものがあります。

  • 保険の営業:一般家庭の方へ他社の保険サービスを売る
  • 自動車ディーラーの営業:一般家庭の方へ自動車を売る
  • 不動産の営業:一般家庭の方へ一軒家を売る
  • etc...

このように個人宅へ飛び込み訪問して商談したり、事前にアポイントをとって個人の方へ営業をするものが個人営業と呼ばれます。

営業マン
また、先ほどの図の通り、個人営業には、全部で8種類の所属先があります。

個人営業の仕事内容

営業の種類に関わらず、営業の基本的なプロセスは以下のようになります。

  1. リスト選定
  2. ニーズの仮説構築
  3. アプローチ
  4. 面談
  5. プレゼン・クロージング
  6. 見込み顧客管理

個人営業

同じ顧客別の法人営業との比較でいうと、個人営業は「一件あたりの商談の登場人物が少なくなる傾向」にあります。

なぜなら、決裁権のある人に直接営業ができるケースがほとんどだからです。

たとえば、自動車ディーラーの営業であれば、実際に自分で車の購入の意思決定をする人、保険の営業であれば、実際に自分で保険の購入の意思決定をする人と商談することはイメージが湧くと思います。

この決裁権のある人にアプローチできることが一つの成果とも言える法人営業と比べると、一件一件の商談のリードタイムが短くなります。

したがって、個人営業の場合は、目の前の人に全力を注げば良く、その場で商品やサービスを購入してもらえる可能性もあるというわけです。

個人営業に必要なスキル

営業の種類に関わらず、営業に共通に必要なスキルは以下のようになります。

  1. 仮説思考力
  2. 論理的思考力
  3. 確率思考力
  4. PDCA力

法人営業ならではの必要なスキルは以下だと考えています。

  1. 感情に働きかける力
  2. 自分を律する力

先ほどお伝えしたように、相手である個人では「あの営業マンは良い人そうだから」といった個人的な感情だけで購入する可能性があります。

なので、論理的に商品やサービスのメリットを伝えていくことも重要ですが、相手の感情に訴えかけることがさらに重要になってきます。

また、個人営業はチームより個人で動くことが多いので、目標達成に向けて自分自身の気持ちや行動をコントロールする力も必要になります。

個人営業に向いてる人の特徴

営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてる人の特徴は以下のようになります。

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

個人営業ならではの向いてる人の特徴は以下だと考えています。

  1. 人に好かれやすい人
  2. チームより個人で仕事をしたい人
  3. バリバリ働いて稼ぎたい人

個人営業は、相手が個人で購入の意思決定をするので、人に好かれやすいといった要素も重要になります。

また、基本的にはチームではなく個人で契約締結まで進めるので、プレッシャーも楽しんで仕事ができる自信があれば向いてると言えるでしょう。

個人で仕事を進めるため、成果や売上に応じてお金が支払われる「歩合制」が採用されているケースが多く、バリバリ働いて稼ぎたい人にはおすすめです。

個人営業に向いてない人の特徴

営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてない人の特徴は以下のようになります。

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 受け身な人
  3. 初動が遅い人
  4. 一人で悩みを抱える人
  5. 個人プレーが好きな人

個人営業ならではの向いてない人の特徴は以下だと考えています。

  1. ストレス耐性が弱い人
  2. チームで仕事を進めたい人
  3. 残業が少なく、土日祝に休みたい人
  4. 収入を安定させたい人

個人営業は、相手が本当に自分にとって意味のある・興味のあるものでないと断り、断られる割合も多くなるのでストレス耐性が弱いと務まりません。

また、基本的には顧客へのアプローチからクロージングまでの一連の営業活動を自分一人でこなすので、チームで仕事を進めたい人にとっては向いてないと言えます。

さらに、残業が多く、平日休みで土日祝に働くことが多く、歩合制を採用していることも多く収入が安定しないので、こういったプライベートに関わるような条件面も合わないときついでしょう。

個人営業のやりがい

営業の種類に関わらず、営業で感じるやりがいは以下のようになります。

  1. 成果が数字に現れる
  2. 人との繋がりが増える
  3. 人とのコミュニケーションが上手くなる
  4. 汎用的なスキルが身につく

個人営業ならではの感じるやりがいは以下だと考えています。

  1. 人の人生に直接関与できる
  2. 人間力(センス・人柄など)が磨かれる
  3. 成績次第で高収入が得られる

個人営業は、一般家庭の方が顧客となるので、人の人生に直接関与できるため、その人自身の人生を豊かにできる提案ができれば、心の底から感謝されることもあります。

また、個人営業は、歩合制を採り入れている企業も多いため、成績次第では若くして年収1,000万円を超えるような業界もあったりします。

個人営業のきついところ

営業の種類に関わらず、営業で感じるきついところは以下のようになります。

  1. ノルマに追われる
  2. 残業が多い
  3. 大半が断られる
  4. 苦手な人からも逃げることができない
  5. 社内調整が多い
  6. 人を動かさなければならない

個人営業ならではの感じるきついところは以下だと考えています。

  1. とにかく断られる
  2. 一人でやり切らなければならない
  3. 給料が低く、不安定
  4. 残業が多く、休みが少ない

想像がつくかと思いますが、あなたも営業が訪問・電話してきた場合は、大抵断りますよね?

まさにそれと同じことを逆の立場でされるので、何度も何度も断られ続けると精神的にも参ってしまうことがあります。

また、先ほど「成績次第で高収入」と言いましたが、逆に成績次第が悪ければ、収入が下がってしまうことがあり、給料が不安定になってしまう可能性も秘めています。

さらに、一般家庭の方の仕事が終わった時間や休みの日に営業活動することになり、残業が多く、休みが少なくなることもあるのです。

数字で見る個人営業

ここからは気になる個人営業の残業、休み、年収の実態について見ていきましょう。

こちらも同じ顧客別である法人営業と比較しながら解説していきます。

数字で見る個人営業

  1. 残業:法人営業より多い傾向
  2. 休み:法人営業より少ない傾向
  3. 年収:法人営業より低い傾向

残業:法人営業より多い傾向

残業については、個人営業の方が法人営業より多い傾向にあるようです。

dodaのデータによると、以下のようになっています。

営業職種毎の平均残業時間

営業職種残業時間
営業(金融)25.5時間
営業(IT)25.7時間
営業(商社)25.8時間
営業(メーカー)27.3時間
営業(メディカル)29.1時間
営業(サービス業)31.8時間
営業(建設/不動産)35.8時間
営業(小売/卸/外食)38.5時間
営業(広告・メディア)41.9時間

出典:残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!(doda)

不動産、サービス業等の個人を顧客とする営業の方が、メディカル、メーカー、商社、IT等の法人を顧客とする営業より、平均残業時間が多い傾向にあります。

この理由は、個人営業は、顧客が空いている時間帯(勤務時間外または土日祝日休み)に合わせて仕事をするので、残業が多くなります。

休み:法人営業より少ない傾向

休みについては、個人営業の方が法人営業より少ない傾向にあるようです。

dodaのデータによると、以下のようになっています。

営業職別の平均年間休日数

営業職種年間休日数
営業(メディカル)128.1日
営業(IT)124.3日
営業(商社)123.4日
営業(メーカー)123.1日
営業(金融)122.1日
営業(サービス業)118.9日
営業(広告・メディア)116.3日
営業(小売/卸/外食)112.0日
営業(建設/不動産)110.2日

出典:残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!(doda)

不動産、サービス等の個人を顧客とする営業の方が、メーカー、商社、IT、メディカル等の法人を顧客とする営業より、平均年間休日数が少ない傾向にあります。

先ほどの残業同様、基本的に9:00-18:00かつ平日勤務となる顧客が空いている時間に営業をしなければならないからです。

年収:法人営業より低い傾向

年収については、個人営業の方が法人営業より低い傾向にあるようです。

dodaのデータによると、以下のようになっています。

営業の種類別の平均年収

営業の種類平均年収
管理職・マネージャー(営業系)528万円
海外営業・貿易営業513万円
営業企画・営業推進490万円
法人営業447万円
個人営業424万円
代理店営業423万円
ルートセールス403万円
内勤営業・カウンターセールス366万円

出典:職種別平均年収ランキング(マイナビagent)

このように、個人営業の平均年収は424万円、法人営業の平均年収は447万円と、個人営業の方が低くなっています。

この理由は、法人営業の方が大きな金額が動くからだと推察できます。

個人営業の志望動機

これまで見てきた仕事内容ややりがい等から、以下のような動機が個人営業に合っていると考えられます。

  • 人の人生に直接関与できる仕事をしたい
  • 人間力を磨きたい
  • バリバリ働いてバリバリ稼ぎたい
  • etc...

個人営業は、人の人生を豊かにできることがモチベーションになります。

また、実力主義なところもあるので、年功序列に納得がいかない人には向いていると思います。

営業マン
自社のある能力が不足していて、それがどうにもならなかったり、そのままの状態が不満であるならば、転職も一つの手段として考えてみましょう。

営業におすすめ転職サイト・エージェント

リクナビNEXT(転職サイト)
 ・公式サイト:https://next.rikunabi.com/
ㅤ・営業の求人数:7,605件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:1,673件

doda(転職サイト)
ㅤ・公式サイト:http://doda.jp/
ㅤ・営業の求人数:12,751件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:1,002件

リクルートエージェント(転職エージェント)
ㅤ・公式サイト:https://www.r-agent.com/
ㅤ・営業の求人数:40,853件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:7,840件

dodaエージェント(転職エージェント)
ㅤ・公式サイト:http://doda.jp/
ㅤ・営業の求人数:10,123件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:873件

営業マン
上記に登録しつつ、個人営業の求人を探してみましょう。

まとめ

本記事のまとめ

  • 個人営業とは?:①営業顧客別の一つ、②一般家庭の方が顧客の営業
  • 個人営業の仕事内容:一件あたりの商談の登場人物が少なる
  • 個人営業に必要なスキル:人間力(センス・人柄など)
  • 個人営業に向いてる人の特徴:①人に好かれやすい人、②チームより個人で仕事をしたい人、③バリバリ働いて稼ぎたい人
  • 個人営業に向いてない人の特徴:①ストレス耐性が弱い人、②チームで仕事を進めたい人、③残業が少なく、土日祝に休みたい人、④収入を安定させたい人
  • 個人営業のやりがい:①人の人生に直接関与できる、②人間力(センス・人柄など)が磨かれる、③成績次第で高収入が得られる
  • 個人営業のきついところ:①とにかく断られる、②一人でやり切らなければならない、③給料が低く、不安定、④残業が多く、休みが少ない

\他の営業の種類を知りたい方へ/

営業の種類へ戻る

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5