メーカー営業に向いてる人の特徴3選!商品に愛着があることも大事!

メーカー営業に向いてる人
  • メーカー営業に向いてる人の特徴は?
  • 逆にメーカー営業に向いてない人の特徴は?

このような悩みを解決する記事となっています。

私自身の営業経験や周りの人を見てきて、メーカー営業に向いてる人の共通の特徴が分かってきました。

ここでは、私の4年間のメーカー営業経験を踏まえて、向いてる人の特徴、向いてない人の特徴についてご紹介します。

\メーカー営業の仕事全般を知りたい方へ/

メーカー営業の仕事内容へ戻る

メーカー営業に向いてる人の特徴

ここからは本題であるメーカー営業に向いてる人の特徴についてお伝えしていきます。

まずは、営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてる人の特徴は以下だと考えています。

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

関連記事

  • 執筆予定

そして、メーカー営業ならではの向いてる人の特徴は以下だと考えています。

メーカー営業に向いてる人の特徴

  1. 商品やサービスに愛着を持てる人
  2. 物事を深く突き詰められる人
  3. 自らの手で顧客の課題解決をしたい人
営業マン
ただし、決して今時点で向いてる人の特徴に当てはまっていなくてもよく、将来的にこういう仕事の進め方をしたい!といったものでも構わないと思っています。

特徴1:商品やサービスに愛着を持てる人

メーカー営業は、自社の商品やサービスを扱います。

そのため、その商品やサービスに愛着を持っていることで、「この商品のこともっと知りたい!」「ぜひみんなにも使ってもらいたい!」等といった気持ちが生まれ、仕事も前向きに取り組めるのです。

私自身、最初に勤めた会社で工場向けの機械を扱っていたのですが、愛着が持てず、商品のことも勉強する気もなくなり、正直全く売ることができませんでした。

しかし、今の会社ではあるITのサービスを扱っているのですが、愛着・興味が持てるので、自ら進んで勉強することができる等、前向きに仕事に取り組めています。

営業マン
その商品やサービスに愛着や興味が持てることは、向いてるかどうかの判断基準に十分なり得ます。

特徴2:物事を深く突き詰められる人

顧客の課題を解決するために、商品やサービスをカスタマイズすることもあります。

要は、単純に今ある商品やサービスをそのまま売るだけでは、顧客の課題が解決できないこともあります。

その場合は、顧客から課題を深く聞き出し、その課題を解決できる方法を検討していかなければなりません。

検討するときには、商品部の人達と協力して「A商品を〇〇のようにカスタマイズしなくては?」「新たにこのような商品を作らなくては?」等といったように解決策を深く突き詰める必要があるのです。

そのため、物事を深く突き詰めることが好き!といった人には向いてると言えるでしょう。

特徴3:自らの手で顧客の課題解決をしたい人

同じ形態別の代理店営業であれば、自分で直接顧客の課題解決をすることはありません。

また、商社営業は直接顧客と接するものの、扱っているのは他社商品やサービスであって、実際に課題解決をする主体は他社になります。

一方、メーカー営業の場合は、直接顧客と接する上に、実際に課題解決をする主体も自社になります。

自らの手で自らの会社で顧客の課題解決をしたいと考えている人は、メーカー営業を選択するべきでしょう。

メーカー営業に向いてない人の特徴

続いて逆にメーカー営業に向いてない人の特徴についてもお伝えしていきます。

まずは、営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてない人の特徴は以下だと考えています。

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 受け身な人
  3. 初動が遅い人
  4. 一人で悩みを抱える人
  5. 個人プレーが好きな人

そして、メーカー営業ならではの向いてない人の特徴は以下だと考えています。

メーカー営業に向いてない人の特徴

  1. 飽き性な人
  2. 物事を深く突き詰められない人
  3. 色々な可能性を模索していきたい人

特徴1:飽き性な人

基本的には自社の商品やサービスしか扱いません。

そのため、「ずっとこの商品(あるいはサービス)を扱っているけど、もう飽きちゃったな・・・」となってしまうことは致命的です。

この先数年、数十年も同じ会社で働く覚悟でいるのであれば、前向きに仕事をすることもできず、精神的にも辛くなってしまうでしょう。

普段から何事にもすぐ飽きてしまって色々なことに手をつけたい人にとっては向いてないかもしれません。

特徴2:物事を深く突き詰められない人

向いてる人の特徴2の反対になります。

よくメーカー営業は自社の商品やサービスを売りつける仕事だと勘違いしている人がいます。

また、少し似た考え方で、自社の商品やサービスにマッチした顧客を見つけることであって、そもそもマッチしてない顧客は相手にしなければいいという言う人もいます。

たしかに一理ありますが、その考え方だけだと少しでも「ずれ」があると売れず、成果も上がっていきません。

そのため、普段から物事を解決するときに、深く考える癖がついてない人にとっては辛いかもしれません。

営業マン
単純に自社の商品やサービスをただ売る仕事とは違うのです。

特徴3:色々な可能性を模索していきたい人

提供できるものが自社の商品やサービスに限られるので、どうしても顧客の課題解決策は限られてしまいます。

要は、顧客が課題を抱えていて深刻そうであるのに、自社の商品やサービスで解決できないといった事態も起こります。

もちろん商品やサービスをカスタマイズすることで多少解決に近づけることはありますが、やはりどうしても解決できる範囲は限られてしまいます。

そのため、もっと幅広い解決策を模索していきたい人には歯がゆい思いをする可能性は高いです。

営業マン
商社営業であれば他社の商品やサービスを仕入れて売るので、顧客の課題にあった解決策をコーディネートすることができます。

まとめ

本記事のまとめ

  • メーカー営業に向いてる人の特徴:①商品やサービスに愛着を持てる人、②物事を深く突き詰められる人、③自らの手で顧客の課題解決をしたい人
  • メーカー営業に向いてない人の特徴:①飽き性な人、②物事を深く突き詰められない人、③色々な可能性を模索していきたい人

\メーカー営業の仕事全般を知りたい方へ/

メーカー営業の仕事内容へ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5