メーカー営業のやりがい3選!大変なところと合わせて解説します!

メーカー営業のやりがい
  • メーカー営業のやりがいって何があるの?
  • 商社営業とのやりがいの違いは?
  • メーカー営業にはきついところもあるよね?

このような悩みを解決できる記事となっています。

私自身は、商社で4年間勤めていた頃に、自社の商品を売るメーカーの役割と他社の商品を売る商社の役割の両方を経験しています。

ここでは、これからメーカー営業を目指したいという方に向けて、同じ形態別に分類される商社営業と比較した場合の「やりがい」を感じるポイントついてご紹介します。

元底辺営業マン
まずメーカー営業の仕事内容を知りたい方は、是非以下の記事もお読みください。

メーカー営業にやりがいを感じる人はいる?

メーカー営業にやりがいを感じる人がいるのは事実のようです。

yahoo知恵袋で「メーカー営業 やりがい」と検索してみると、以下のような回答がありました。

  • 自社開発の新製品が販売契約に至った時
  • 企画・開発部門とともに喜びを分かち合えます
  • etc...

出典:yahoo知恵袋(コメント一部抜粋)

「自社製品が売れた時」「企画・開発の人達と喜び合えること」等といったことにやりがいを感じている人がいることが見受けられました。

元底辺営業マン
次からは私の経験談を交えてお話します。

メーカー営業にやりがいを感じるポイント

経験が浅いうちは難しいですが、徐々にやりがいを感じられるようになってきます。

ここからは私が実際に感じていたメーカー営業のやりがいについてご紹介していきます。

メーカー営業にやりがいを感じるポイント

  1. 自社の商品やサービスを世の中に広められる
  2. 顧客の課題解決を自らが中心となってできる
  3. 専門性が高い

ポイント1:自社の商品やサービスを世の中に広められる

メーカー営業は、自社の商品やサービスを世の中に広める役割を担っています。

そして、実際に広めることができれば、世の中が便利になったり、生活が豊かになったりと、自分が貢献していることを感じ取ることができます。

また、その商品やサービスを普段の生活で目にする機会があれば、自分の頑張りを測り知ることができる点も嬉しいです。

たとえば、「あの建物の建設に関与しているんだよ!」「その洋服の素材は自分が売ったよ!」等と、ちょっと自慢したくなりますよね。

さらに、ありものの商品やサービスを売るだけでなく、その商品企画や商品開発から関わっていた場合は、その喜びもより大きなものになります。

一方、商社営業の場合も、世の中に商品やサービスを広める役割を担ってはいますが、やはりそこは他社の商材ということもあって、思い入れが異なってきます。

ポイント2:顧客の課題解決を自らが中心となってできる

顧客の課題解決を自らが中心となってできることも、メーカー営業ならではのやりがいとなります。

メーカー営業は、顧客と直接対峙するので、営業が顧客の要望を汲み取って、その要望に合った商品やサービスを提供していきます。

そして、顧客の要望に合った商品やサービスを持ち合わせていない場合は、新しい機能を追加したり、新しい商品を一から作らなければならないこともあります。

その場合は、自らが旗振り役となって、企画部門や開発部門等を巻き込みながら、顧客の要望に応えていくことができるのです。

このように、メーカー営業は、顧客の要望を直接汲み取ることができて、その要望を満たす能力を自社で抱えているので、顧客の課題解決を自らが中心となってできるんですね。

しかし、商社営業の場合は、顧客の要望を直接汲み取ることはできて、その要望を満たす能力を持った会社と一緒になって課題解決することができますが、実際にそれを実行するのはメーカー企業になってしまいます。

元底辺営業マン
その代わり、商社営業は色々能力を持った企業と連携できるので、課題を解決できる幅は広がります。

ポイント3:専門性が高い

その商品やサービスのスペシャリストになれます。

「〇〇の製品については、〇〇さんに聞けば大丈夫!」といった地位・ポジションを獲得できる可能性があります。

このように、お客様から頼られるといったことはとても嬉しいことになります。

私自身、商社営業を経験していたときは、「この製品の詳細はメーカーさんに聞いた方がいいよね」と言われたことがあります。

たしかに、私が詳細まで把握できていなかったという落ち度はありますが、結局、一番詳しいであろう製造元であるメーカーが頼られることは避けられない事実です。

【参考1】メーカー営業に向いてる人の特徴

メーカー営業のやりがいを感じるためには、メーカー営業に向いてるかどうかも重要です。

以下の3つがメーカー営業に向いてる人の特徴だと考えています。

  1. 商品やサービスに愛着を持てる人
  2. 物事を深く突き詰められる人
  3. 自らの手で顧客の課題解決をしたい人

【参考2】営業に向いてる人の特徴

また、そもそも営業に向いてるかどうかも気になりますよね。

以下の全営業職共通に向いてる人の特徴の5つに該当しているか確認してみましょう。

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

メーカー営業にやりがいを感じることだけではない!

メーカー営業のやりがいを感じるようになるためには、いくつかのきついところも乗り越えなければなりません。

そこで、私が実際に感じたメーカー営業ならではのきついところは以下の通りです。

  1. 関係部署との調整
  2. 商品やサービスの深い知識が必要
  3. クレーム
  4. 提供するものが自社の能力に限られる

メーカーは、開発部門、生産部門、物流部門等と様々な部署が存在しており、顧客の要望に応じるためには、機能・スペックや納期等をこれらの部署と調整しなければなりません。

また、自社の商品やサービスを扱っている以上、深い知識が必要になるのですが、資格を必要とするものや複雑なものを扱っているほど、難易度は高くなります。

さらに、自社の能力以上のものを顧客に提供することができないので、歯がゆい思いをすることもあります。

まとめ

この記事では、メーカー営業のやりがいについて紹介しました。

本記事のまとめ

  • メーカー営業にやりがいを感じるポイント:①自社の商品やサービスを世の中に広められる、②顧客の課題解決を自らが中心となってできる、③専門性が高い
  • メーカー営業にやりがいを感じることだけではない!:①関係部署との調整、②商品やサービスの深い知識が必要、③クレーム、④提供するものが自社の能力に限られる

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

  • この記事を書いた人

元底辺営業マン

上智大学▶上智大学大学院▶大手商社4年(年収450万円)▶ベンチャー企業8ヶ月(年収500万円)▶IT企業5年(年収900万円)と営業職を約10年経験。底辺営業マンから抜け出した仕事術や転職術を発信しています。

-営業の種類

© 2022 営業大学 Powered by AFFINGER5