新規営業は全く取引のない顧客への仕事!業務範囲が広く難易度も高い!

新規営業
  • 新規営業って何?
  • 新規営業の仕事内容は?
  • 必要なスキルややりがいってどうなの?

このような悩みを解決する記事となっています。

私自身は、これまで10年間営業を経験し、その間ずっと新規営業とルート営業を経験してきました。

ここでは、その経験を活かして、新規営業の定義や仕事内容をルート営業と比較しながらご紹介します。

\他の営業の種類を知りたい方へ/

営業の種類へ戻る

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

新規営業とは?

新規営業とは?について、以下の2つの軸で見てきましょう。

新規営業とは?

  • 種類:営業方法別の一つ
  • 定義:全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業

種類:営業方法別の一つ

営業の所属先には形態別の「メーカー営業/代理店営業/商社営業」、商材別の「有形営業/無形営業」、方法別の「ルート営業/新規営業」、顧客別の「法人営業/個人営業」があります。

また、営業のやり方には、手法別の「御用聞き営業/提案営業/ソリューション営業」、アプローチ別の「飛び込み営業/電話営業/紹介営業/反響営業」があります。

営業の所属先

営業の種類

営業のやり方

営業の種類2

この中でも新規営業は方法別の一つに分類されるものになり、その他の方法別に「ルート営業」と呼ばれるものがあります。

  • ルート営業:既に取引のある顧客に対して、定期的に仕事の依頼を受ける営業
  • 新規営業:全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業
営業マン
ルート営業と新規営業の違いは、「既に信頼関係があり、売上が安定」か「ゼロから信頼関係構築、売上が不安定」かといった違いがあります。

定義:全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業

新規営業とは「全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業」となります。

その名の通り、飛び込み営業や電話営業等の手段を使って新しい顧客へアプローチして、仕事の依頼をもらう営業となります。

新規営業の例としては以下のようなものがあります。

  • 食品メーカーの営業:全く取引のない法人顧客へ、飛び込み営業をして自社食品を売る
  • 証券の営業:全く取引のない個人顧客へ、電話営業をして新しい金融商品を売る
  • etc...
営業マン
また、先ほどの図の通り、新規営業には、全部で8種類の所属先があり、いくつかの営業のやり方(アプローチ方法、手法ともに)があるのです。

新規営業の仕事内容

営業の種類に関わらず、営業の基本的なプロセスは以下のようになります。

  1. リスト選定
  2. ニーズの仮説構築
  3. アプローチ
  4. 面談
  5. プレゼン・クロージング
  6. 見込み顧客管理

新規営業

同じ方法別のルート営業との比較でいうと、新規営業は「ゼロから信頼関係構築、売上が不安定」という特徴があります。

全く取引のない顧客を相手にするため、誰に、どうやってアプローチするかから検討をして、アポイントを取得した後も、顧客毎に打合せをして、相手のニーズを引き出し、提案をして仕事の依頼を勝ち取らなければなりません。

そのため、商材等にもよりますが、数週間、数か月、一年以上と商談に時間がかかるケースがあります。

また、新規営業は、ルート営業と比較すると安定的な売上が見込めませんが、短期的に大きく売上を伸ばす可能性を秘めています。

要は、「来月までの売上目標まであと100万円足りない」という場面であっても、新規営業の場合は新しい顧客の新しい案件によって埋められる可能性があるということになりますね。

営業マン
さらに、ここでは全く取引のない顧客に対して、どのようなアプローチのパターンがあるのか解説していきます。

新規営業のアプローチ方法

  • 飛び込み営業:アポイントなしで顧客を訪問する営業
  • 電話営業:電話で商談のアポイントを取り付ける営業
  • 紹介営業:人から顧客を紹介してもらう営業
  • 反響営業:問い合わせがあった顧客に対する営業

アプローチ方法1:飛び込み営業

飛び込み営業とは「アポイントなしで顧客を訪問する営業」になります。

その名の通り、事前に面談のアポイントを取らないで、企業や個人宅を訪問して営業を行います。

ただし、突然訪問する営業になり、訪問される側は望んでいない訪問になることが多いため、営業を拒否されることがほとんどです。

アプローチ方法2:電話営業

電話営業とは「電話で商談のアポイントを取り付ける営業」になります。

取引のない企業や個人宅に電話をして、まずは商談のアポイントを取り付けることを言います。

商談のアポイントを取り付けたら、その後は訪問やテレビ会議を通じて営業活動を進めます。

基本的に電話営業は迷惑なものだと捉えられることが多く、アポイントが取れないことの方が圧倒的に多いです。

アプローチ方法3:紹介営業

紹介営業とは「人から顧客を紹介してもらう営業」になります。

その名の通り、知り合いや取引先、得意先(=紹介元)から新規の見込み顧客(=紹介先)を紹介してもらう営業となります。

営業からは「〇〇の企業や人を紹介して欲しい」と紹介元に伝えて、紹介元は「◇◇の商品がおすすめだから一度話を聞いてみない」と見込み顧客になりそうな人に声をかけてもらいます。

なので、このように「おすすめだよ」と紹介された顧客とは既に一定の信頼関係がある状態でスタートするため、受注までの時間を短縮できたり、受注確率を上げることができます。

アプローチ方法4:反響営業

反響営業とは「問い合わせがあった顧客に対する営業」になります。

その名の通り、インターネット、テレビ、新聞、ダイレクトメール等を使って自社の商品やサービスを宣伝して、それに問い合わせがあった顧客に対してアプローチを行う営業のことです。

なので、一般的にイメージがある営業からアプローチする形ではなく、顧客側からアプローチしてくれる形になります。

飛び込み営業や電話営業と違って、既に自社の商品やサービスに興味のある見込み顧客に対する営業活動のため、受注確率はそれなりに高くなります。

新規営業に必要なスキル

営業の種類に関わらず、営業に共通に必要なスキルは以下のようになります。

  1. 仮説思考力
  2. 論理的思考力
  3. 確率思考力
  4. PDCA力

同じ方法別のルート営業との比較でいうと、新規営業は戦略的思考力が必要とされます。

新規営業の仕事の流れは「リスト選定→ニーズの仮説構築→アプローチ→面談→プレゼン・クロージング」の全ての要素が入っています。
※ルート営業は、面談とプレゼン・クロージングのみです

具体的には、「今月の売上を達成するために、どこを訪問すべきか、そのうち何件訪問すべきか、飛び込みか電話かメールか何でアポイントを取るか、A社はおそらく〇〇のニーズがありそうだから、△△のサービスを提案をして・・・」といった、何もないところからこれらを考えることが重要であるため、戦略的思考力が土台として必要になってくるわけです。

大変ではありますが、この過程にスキルアップができるポイントがあります。

新規営業に向いてる人の特徴

営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてる人の特徴は以下のようになります。

  1. コミュニケーションが好きな人
  2. 主体的な人
  3. 目標達成思考がある人
  4. 洞察力がある人
  5. ストレス耐性がある人

新規営業ならではの向いてる人の特徴は以下だと考えています。

  1. 目標から逆算して動ける人
  2. 試行錯誤が好きな人
  3. スキルレベルを高めたい人
  4. バリバリ働いて稼ぎたい人

新規営業は、ノルマが設定されることが多く、営業活動全体の行動計画を作るのに加えて、一つの顧客から契約を獲得するための行動計画も必要です。

また、いつ・誰に・どのような内容で話すかなど仕事における変数が多いので、色々と思考錯誤が好きな人が向いてると言えます。

さらに、仕事の難易度が高くなるので、スキルアップを図りたい人、年収を高めていきたい人にはおすすめです。

法人営業に向いてない人の特徴

営業の種類に関わらず、営業に共通に向いてない人の特徴は以下のようになります。

  1. コミュニケーションが苦手な人
  2. 受け身な人
  3. 初動が遅い人
  4. 一人で悩みを抱える人
  5. 個人プレーが好きな人

新規営業ならではの向いてない人の特徴は以下だと考えています。

  1. 計画を立てるのが苦手な人
  2. 消極的な人
  3. ストレス耐性が弱い人
  4. 失敗から学べない人

新規営業は、厳しいノルマ(=期間と目標数値)が設定されることがほとんどのため、日々なんとなく行動しているようでは到底ノルマを達成することができません。

また、たまたま仕事の依頼が降ってくるといったこともないので、普段から消極的でガツガツ仕事を取りに行く姿勢がないと、全く評価されないといった事態にもなってしまいます。

そして、日々の営業活動をしていると、「間に合っているので結構です!」「他社から購入することに決めました!」と断られることの方が多く、ストレス耐性が弱い人にとっては辛く感じることもあります。

そのような事態を打開していくには、断られた原因を突き止め、次の行動を改善していく姿勢が必要になります。

新規営業のやりがい

営業の種類に関わらず、営業で感じるやりがいは以下のようになります。

  1. 成果が数字に現れる
  2. 人との繋がりが増える
  3. 人とのコミュニケーションが上手くなる
  4. 汎用的なスキルが身につく

新規営業ならではの感じるやりがいは以下だと考えています。

  1. 世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある
  2. ゼロから仕事を作る喜び
  3. 会社の成長に貢献できていると実感できる
  4. 高いレベルでスキルが身につく
  5. 成績次第で給料が増える

新規営業は、自らの手で新しい仕事を取ってくるので、新聞や業界紙に載るような世の中で初めての取り組みに関われるチャンスがあります。

また、ルート営業に比べると、仕事の範囲も広くなるのと、信頼を一から築き上げないといけないので、仕事の難易度は上がり、高いレベルでスキルが身につきます。

さらに、頑張ることによって成果が上がれば、それが給料に反映されることもやりがいの一つになります。

新規営業のきついところ

営業の種類に関わらず、営業で感じるきついところは以下のようになります。

  1. ノルマに追われる
  2. 残業が多い
  3. 大半が断られる
  4. 苦手な人からも逃げることができない
  5. 社内調整が多い
  6. 人を動かさなければならない

新規営業ならではの感じるきついところは以下だと考えています。

  1. ノルマのプレッシャーがある
  2. とにかく断られる
  3. 成果に結びつきにくい
  4. 何のために仕事をしているか分からなくなる
  5. 仕事の範囲が広く、難易度も高い

先ほどもお伝えした通り、仕事の難易度も高く、そう簡単に新規の取引を開始させることはできません。

さらに、ノルマが課されるので、そのプレッシャーに打ち勝ちながら、日々の仕事を進めていかなければなりません。

数字で見る新規営業

ここからは気になる新規営業の残業、休み、年収の実態について見ていきましょう。

数字で見る新規営業

  1. 残業:データがないため不明
  2. 休み:データがないため不明
  3. 年収:データがないため不明

残業:データがないため不明

新規営業の残業については、データがないため不明です。

dodaのデータによると、以下のようになっています。

営業職種毎の平均残業時間

営業職種残業時間
営業(金融)25.5時間
営業(IT)25.7時間
営業(商社)25.8時間
営業(メーカー)27.3時間
営業(メディカル)29.1時間
営業(サービス業)31.8時間
営業(建設/不動産)35.8時間
営業(小売/卸/外食)38.5時間
営業(広告・メディア)41.9時間

出典:残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!(doda)

このように、新規営業といった項目がないため、一概に新規営業の残業時間は多いとか少ないとか論じることができません。

休み:データがないため不明

新規営業の休みについては、データがないため不明です。

dodaのデータによると、以下のようになっています。

営業職別の平均年間休日数

営業職種年間休日数
営業(メディカル)128.1日
営業(IT)124.3日
営業(商社)123.4日
営業(メーカー)123.1日
営業(金融)122.1日
営業(サービス業)118.9日
営業(広告・メディア)116.3日
営業(小売/卸/外食)112.0日
営業(建設/不動産)110.2日

出典:残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!(doda)

このように、新規営業といった項目がないため、一概に新規営業の年間休日数は多いとか少ないとか論じることができません。

年収:データがないため不明

新規営業の年収については、データがないため不明です。

マイナビagentのデータによると、以下のようになっています。

営業の種類別の平均年収

営業の種類平均年収
管理職・マネージャー(営業系)528万円
海外営業・貿易営業513万円
営業企画・営業推進490万円
法人営業447万円
個人営業424万円
代理店営業423万円
ルートセールス403万円
内勤営業・カウンターセールス366万円

出典:職種別平均年収ランキング(マイナビagent)

このように、新規営業といった項目がないため、一概に新規営業の年収は高いとか低いとか論じることができません。

ただし、新規営業の場合は、ノルマが設定されていることが多く、その達成度合いによってインセンティブが支払われるケースがあるので、年収が高くなる可能性を秘めています。

新規営業の志望動機

これまで見てきた仕事内容ややりがい等から、以下のような動機が新規営業に合っていると考えられます。

  • 自分で新しい仕事を作っていきたい
  • 食いっぱぐれないスキルを身につけたい
  • 成果に応じて給与が支給される環境がいい
  • etc...

新規営業はゼロから仕事を作っていくことになります。

なので、受け身な人よりも積極的に物事に取り組むことが好きな人に向いていると思います。

営業におすすめ転職サイト・エージェント

リクナビNEXT(転職サイト)
 ・公式サイト:https://next.rikunabi.com/
ㅤ・営業の求人数:7,605件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:1,673件

doda(転職サイト)
ㅤ・公式サイト:http://doda.jp/
ㅤ・営業の求人数:12,751件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:1,002件

リクルートエージェント(転職エージェント)
ㅤ・公式サイト:https://www.r-agent.com/
ㅤ・営業の求人数:40,853件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:7,840件

dodaエージェント(転職エージェント)
ㅤ・公式サイト:http://doda.jp/
ㅤ・営業の求人数:10,123件
ㅤㅤ※内未経験歓迎:873件

営業マン
上記に登録しつつ、新規営業の求人を探してみましょう。

まとめ

本記事のまとめ

  • 新規営業とは?:①営業方法別の一つ、②全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業
  • 新規営業の仕事内容:ゼロから信頼関係構築、売上が不安定
  • 新規営業に必要なスキル:戦略的思考力
  • 新規営業に向いてる人の特徴:①目標から逆算して動ける人、②試行錯誤が好きな人、③スキルレベルを高めたい人、④バリバリ働いて稼ぎたい人
  • 新規営業に向いてない人の特徴:①計画を立てるのが苦手な人、②消極的な人、③ストレス耐性が弱い人、④失敗から学べない人
  • 新規営業のやりがい:①世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある、②ゼロから仕事を作る喜び、③会社の成長に貢献できていると実感できる、④高いレベルでスキルが身につく、⑤成績次第で給料が増える
  • 新規営業のきついところ:①ノルマのプレッシャーがある、②とにかく断られる、③成果に結びつきにくい、④何のために仕事をしているか分からなくなる、⑤仕事の範囲が広く、難易度も高い

\他の営業の種類を知りたい方へ/

営業の種類へ戻る

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5