新規営業のやりがいとは?新しい仕事を自分で作れることが楽しい!

新規営業のやりがい
  • 新規営業のやりがいって何があるの?
  • ルート営業とのやりがいの違いは?
  • 新規営業にはきついところもあるよね?

このような悩みを解決できる記事となっています。

私自身は、これまで10年間営業を経験し、その間ずっと新規営業とルート営業を経験してきました。

ここでは、これから新規営業を目指したいという方に向けて、ルート営業と比較した場合の「やりがい」を感じるポイントついてご紹介します。

\新規営業の仕事全般を知りたい方へ/

新規営業の仕事内容へ戻る

\営業のやりがいを知りたい方へ/

営業のやりがいへ戻る

新規営業のやりがい

新規営業のやりがいについて。

私が実際に感じていた「やりがい」についてご紹介していきます。

新規営業のやりがい

  1. 世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある
  2. ゼロから仕事を作る喜び
  3. 会社の成長に貢献できていると実感できる
  4. 高いレベルでスキルが身につく
  5. 成績次第で給料が増える

やりがい1:世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある

これは主に法人営業の新規営業の話になります。

新規営業は、全く取引のない顧客と新しい案件の取引を目指していくので、もちろんその中で世の中で初めての仕事に関われるチャンスがあるのです。

顧客の方から「〇〇という新しい取り組みをやりたいんだけど、一緒に協力してくれないかな?」と相談が来ることもあります。

逆に、営業の方から「〇〇という課題を解決するために、〇〇という最新の技術を活用した提案をさせてください!」と仕掛けていくこともできます。

そして、実際に取引を成立させて成果を出すことができれば、新聞の一面や業界紙に載ったり、インタビュー記事として取り上げられたりすれば、さらに喜びは大きなものになります。

もちろん、このような案件ばかりではありませんが、関われるチャンスがあるだけでも仕事のモチベーションになったりします。

やりがい2:ゼロから仕事を作る喜び

全く取引のない顧客と取引を開始させるのは簡単ではありません。

業種によりますが、数十件~数百件の見込み顧客にアプローチして、一件しか取引を開始できなかったということはざらにあります。

そして、取引予定の金額が大きくなればなるほど、取引を開始させるまでの時間もかかり、長いものだと数か月~数年かかることもあります。

しかし、これだけ取引を開始させるのに苦労するからこそ、新たな取引を開始できたときの喜びは大きなものになります。

もちろん、ルート営業の場合のように1⇒2にできたときの喜びもありますが、やはり新規営業の場合のように0⇒1にできたときの方が喜びは大きなものとなります。

理由としては、どちらも経験していますが、やっぱり0⇒1にするほうが断然大変だからです。

営業マン
「あの顧客は〇〇さんが開拓したんだよ!」と社内で言われることも嬉しいですね。

やりがい3:会社の成長に貢献できていると実感できる

会社は成長し続けなければなりません。

そのためには、既存の取引を維持させていくことも重要なのですが、新規の取引も増やしていかなければなりません。

そして、この新規の取引を増やしていくのが新規営業の役目であり、会社の成長に関わる重要な役目を果たしているというわけです。

なので、日々頑張って成果を出し続けていくことによって、会社の成長に貢献できていることを実感できるのです。

やりがい4:高いレベルでスキルが身につく

新規営業は、ルート営業と比べると、仕事の難易度が高くなります。

それは以下のように、新規営業の仕事の範囲が広くなることも一つの要因として挙げられます。

  1. リスト選定
  2. ニーズの仮説構築
  3. アプローチ
  4. 面談
  5. プレゼン・クロージング

新規営業は、そもそも顧客との接点がないので、上記の1~3のように「どの顧客にアプローチするのか、どのような課題を抱えていそうか、どのようにアプローチするか」を考えて行動しなければなりません。

また、接点が持てても、顧客側は「信頼のできる会社か、課題を解決できる商材か、他社と比較して良いか」等、色々な観点で評価をしていきますし、初めての取引先ということもあってより慎重になります。

それに対して、一つ一つ評価を高くしてもらえるように、論理的に説明をして納得してもらう必要があり、ここにスキルが身につく要素が存在します。

営業マン
ルート営業の場合は、上記1~3の仕事はありませんし、新たな取引を仕掛けるときも既に信頼関係があるので楽です。

やりがい5:成績次第で給料が増える

新規営業は歩合制を採り入れている企業が多いです。

歩合制とは「新規営業の成果に応じて給与が支払われるという制度」のことです。

  • 固定給:一定の時間働けば一定の金額が支払われる
  • 固定給+歩合給:固定給に加えて成績や売上に応じて変動する歩合給が加算される
  • 完全歩合給:固定給が一切なく歩合給のみが支払われる

出典:「歩合制」ってどんな仕組み?メリット・デメリットを教えてください(doda)

たとえば、売上の1%が歩合給として還元される仕組みである会社の場合、1,000万円の売り上げたとしたら10万円の給与を得ることができます。

一方、ルート営業は、固定給の場合が多く、売上が1,000万円でも2,000万円でも給与は一定になります。

なので、新規営業は、このように頑張りによって成果を出すことができれば給料が増えていくので、そこにやりがいを感じられることもあるのです。

新規営業のやりがいの裏にきついところもある

ここまで、新規営業のやりがいを見てきましたが、これらのやりがいを感じるようになるためには、いくつかのきついところも乗り越えなければなりません。

そこで、私が実際に感じた新規営業ならではのきついところは以下の通りです。

  1. ノルマのプレッシャーがある
  2. とにかく断られる
  3. 成果に結びつきにくい
  4. 何のために仕事をしているか分からなくなる
  5. 仕事の範囲が広く、難易度も高い

仕事の難易度が高く、なかなか成果に結びつきにくいことは、先ほどからお伝えしている通りです。

また、新規営業は、ノルマのプレッシャーがあるので、しっかりと行動計画を立てて、そのプレッシャーに打ち勝っていかなければなりません。

まとめ

本記事のまとめ

  • 新規営業のやりがい:①世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある、②ゼロから仕事を作る喜び、③会社の成長に貢献できていると実感できる、④高いレベルでスキルが身につく、⑤成績次第で給料が増える
  • 新規営業のやりがいの裏にきついところもある:①ノルマのプレッシャーがある、②とにかく断られる、③成果に結びつきにくい、④何のために仕事をしているか分からなくなる、⑤仕事の範囲が広く、難易度も高い

\新規営業の仕事全般を知りたい方へ/

新規営業の仕事内容へ戻る

\営業のやりがいを知りたい方へ/

営業のやりがいへ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5