営業が転職理由を考えるときの3つのステップと2つの注意点

本記事で解決できる悩み

悩んでる人
・営業の人ってどんな理由で転職しているの?
・転職したいけど、どうやって考えを整理していこう。

本記事の導入

今回は、「営業の転職理由が大事な理由」「営業の転職理由の具体例」「営業の転職理由を整理するときのステップ」「営業の転職理由を整理するときの注意点」について話していきます。

営業の転職理由が大事な理由

これは営業の転職に限った話ではないのですが、そもそもなぜ転職理由をしっかりと考えることが大事なんでしょうか。

その理由は以下の通り2つあります。

営業の転職理由が大事な理由

  1. 仕事のミスマッチを防ぐため
  2. 内定をもらうため

理由1:仕事のミスマッチを防ぐため

なんとなく転職したいという気持ちはわからなくはないのですが、なんとなく転職すると必ず失敗するんですよね。

要は、「転職すれば今より良い仕事環境があるのではないか」「転職すれば今より楽しく仕事ができるのではないか」「転職すれば今より自分が輝ける環境があるのではないか」といった淡い期待を抱いて転職すると失敗するということです。

もしかしたらかなり低い確率で素晴らしい環境に巡り合えるかもしれませんが、それは宝くじで1等を当てるぐらい確率が低いことだと思ったほうがいいでしょう。

なんとなく転職しようと思って運良く転職できたとしても、またすぐ転職を繰り返してしまうという負のスパイラルにはまってしまうんですね。

転職理由をしっかりと考えて、転職活動の軸を設定することが大事なんですよ。

理由2:内定をもらうため

企業側(採用する側)は、応募者が将来活躍できる人間なのか(求める人物像に合っているのか、意欲的に働いてくれるのか、仕事ができる能力があるのか)を見極めたいんですよ。

「仕事ができる能力があるのか」といったことは、業務経験やスキルを書く職務経歴書から確認することはできるのですが、「求める人物像に合っているのか」「意欲的に働いてくれるのか」といったことは、「転職で成し遂げたいこと」を知る必要があるんですね。

また、もし応募基準を満たす人材だとするならば、長期間に渡って働いて欲しいはずなので、「転職を考えたきっかけ」を知って、同じ理由ですぐに転職してしまわないかを気にするんです。

なので、転職理由は、「転職を考えたきっかけ」+「転職で成し遂げたいこと」に沿って整理する必要があるんですね。

営業の転職理由の具体例

実際、営業職の人達はどのような理由で転職しているのか気になりますよね。

ここからは、具体的な転職理由について見ていきましょう。

具体例1:全職種含めた転職理由

まずは、営業職の転職理由を見る前に、全職種含めての転職理由を見てみましょう。

順位前年度転職理由割合前年度比
1位1位ほかにやりたい仕事がある14.9%-0.7pt
2位2位会社の将来性が不安10.7%-0.8pt
3位3位給与に不満がある10.5%1.0pt
4位4位残業が多い/休日が少ない8.2%0.3pt
5位5位専門知識・技術を習得したい5.1%-0.5pt
6位7位幅広い経験・知識を積みたい3.8%0.0pt
7位6位U・Iターンしたい3.8%-0.3pt
8位10位土日祝日に休みたい3.3%0.3pt
9位8位市場価値を上げたい3.3%0.0pt
10位12位会社の評価方法に不満がある3.2%0.4pt

出典:みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<総合>(doda)

先ほどの『転職理由=「転職を考えたきっかけ」+「転職で成し遂げたいこと」』に沿って見ていくと、「会社の将来性が不安」「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」「U・Iターンしたい」「土日祝日に休みたい」「会社の評価方法に不満がある」といったような、「転職を考えたきっかけ」に該当すると思われるものが多くありますね。

なので、何らかに不満があって、転職を考え始めた人が多いということが推測できますよね。

具体例2:営業の転職理由

次は、営業職の転職理由を見てみましょう。

順位前年度転職理由割合前年度比
1位1位ほかにやりたい仕事がある14.6%-0.2pt
2位2位会社の将来性が不安11.6%0.3pt
3位3位給与に不満がある10.3%0.4pt
4位4位残業が多い/休日が少ない8.6%-0.1pt
5位5位業界の先行きが不安4.3%0.3pt
6位7位会社の評価方法に不満がある3.9%0.3pt
7位6位U・Iターンしたい3.6%-0.3pt
8位9位ノルマが厳しい3.5%0.2pt
9位12位市場価値を上げたい3.4%0.3pt
10位10位土日祝日に休みたい3.2%0.0pt

出典:みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<職種別>(doda)

全職種の転職理由と比較して見てみると、それほど営業職ならではの色が出ているわけでもありませんね。

これら一般的な転職理由を参考にしながら、なぜ今自分が転職を考えているのかを整理していきましょう。

具体例3:私の転職理由

まずは参考までに私の転職理由(転職を考えたきっかけ)とその結果どうだったかについて話しますね。

おそらく誰もが一度は頭をよぎったことがあるようなことです。

私の転職理由

  1. 仕事ができない先輩より自分の給料が低いことが納得いかない
  2. もっと色々な人に出会ってみたい
  3. 今とは全く別の業界、職種の仕事を経験してみたい

私の転職理由1:仕事ができない先輩より自分の給料が低いことが納得いかない

私はとにかく自分より結果を出していない人の方が給料を多く貰っているガチガチの年功序列には納得がいかなかったんですよ。

なので、しっかりと評価によって給料が決まる環境を求めていたんですね。

もちろん年功序列であれば、成果を出せなかったとしてもスピード遅かれが遅かれ早かれ上に上がっていけますが(要は、費やした時間によって給料が支払われることになります)、逆に年功序列でなければ、成果を出せなかったらいつまで経っても給料は上がっていきませんので、リスクはあると言えますね。

しかし、いざ転職をして年功序列の呪縛がなくなると、成果が出せなかったときに給料が上がらない不安より、自分がしっかりと成果を出したものに対して決まる給料の方がモチベーションになったんですよ。

「費やした時間=給料」という構図から「出した成果=給料」という構図へ抜け出さない限りお金が豊かになっていかないですし、成果を意識しないと仕事ができる人間へ成長していかないのでプラスに働きました。

私の転職理由2:もっと色々な人に出会ってみたい

前職では自分の周りには尊敬できる人がいなかったんですよ。

もし、尊敬できる人が近くにいて、その背中を追っかけて行くようなモチベーションがあれば、状況は変わっていたかもしれません。

ただ、転職をしたことで一緒に仕事をすることがなかったであろう優秀な人達に会うことができたのは一番の財産になっています。

そういう人達に出会うことで「自分はまだまだ甘いな、上には上がいるな」と鼓舞され、ますます頑張らなきゃいけないなという気持ちになりますし、優秀な人から良いものをいっぱい盗めましたね。

現状に満足することなく、日々努力をする姿勢は以前よりずっと強くなり、成長のスピードが格段に上がったのを感じています。

私の転職理由3:今とは全く別の業界、職種の仕事を経験してみたい

私の社会人人生は、大手専門商社にて工場向けに産業ガスや溶接用ロボットなどの産業機械を売る営業(地方勤務)からのスタートでした。

ただ、この仕事をしていると営業先がメーカーの工場で売るものも決まっておりましたので、かなり限られた範囲の知識しか身に付かず、薄っぺらい人間になってしまうのではないかという危機感があったんですよね。

そして、転職することによって、今では全く別のデータ/AI業界の知識もつきましたし、ただの物売りをしていた頃とは違い、ソリューション営業の力もつきました。

また、クライアントも様々な業界を相手にしますし、対面の部署も人事部門、マーケティング部門、IT部門など様々なので、多くのドメイン知識がつくんですよね。

このように様々経験することで、ビジネスを俯瞰して見れる立場になったのは、自分の知識アップにもなりますし、今後のキャリアを考える一助になると考えています。

営業の転職理由を整理するときのステップ

一般的にどのような理由で転職しているのか確認したあとは、実際に自分自身の転職理由を整理していきます。

そのときのポイントを3つ紹介しますね。

営業の転職理由を整理するときのステップ

  1. 転職したい理由を全て出し切る
  2. 転職理由を2つの観点で整理する
  3. 伝えることと伝えないことを決める

ステップ1:転職したい理由を全て出し切る

営業の転職理由に正解なんてありませんし、人それぞれ違うわけで、先ほど見たような転職理由に当てはまっていなくても全く問題ないんですよ。

それよりも自分に嘘をついてかっこいい転職理由を捏造してしまうほうが大問題で、それが転職を繰り返してしまう最大の原因となってしまうんですね。

なので、転職活動において「どのようにエントリーシートに書くか、面接でどのように伝えるか」などを一切気にせずに、まずは自分の気持ちに素直になって、「今なぜ転職をしたいと思っているのか」を全て出しきってみましょう。

  • 興味のあるIT業界で営業をしたい
  • 自分で好きなように仕事を進めたい
  • 業務効率化に関わる営業をしたい
  • 将来は起業したい
  • ノルマがきつい
  • 年功序列が納得いかない
  • 残業が多い
  • 転勤が嫌だ
  • 飛び込み営業が辛い
  • 飲み会が多い
  • 無駄な会議が多い
  • etc…

ステップ2:転職理由を2つの観点で整理する

何度かお伝えしている通り、『転職理由は、「転職を考えたきっかけ」+「転職で成し遂げたいこと」』に沿って整理するんですよ。

ただし、「転職を考えたきっかけ」そのものが「転職で成し遂げたいこと」である場合もあり、たとえば「物流業界の人手不足という抜本的課題を解決するために、単純なモノ売り営業ではなく、コンサルティング営業をしたいと考えている」といったこともあるでしょう。

しかし、実際に整理していくと「年功序列が納得いかない」「残業が多い」「飛び込み営業が辛い」といったように「転職を考えたきっかけ」に該当するマイナスな要因によって転職を考えていることが多かったりするんですよね。

でも、これは自分の気持ちに素直になっている証拠で何も悪いことではありませんが、このままだと転職してもまた転職を繰り返してしまうんです(あとで解説します)。

たとえば、「飛び込み営業が辛い」というきっかけで転職するとしても、飛び込み営業以外であれば何でも良いのかどうか不明なので、マイナスな要因を取り除くためには何をすべきかを具体的に考えて転職する先の基準を明確にする必要があるんですよ。

  • 飛び込み営業が辛い⇒新規開拓でもテレアポ営業ならOK/ルート営業がやりたい
  • 年功序列が納得いかない⇒売上に応じて給料が比例する/契約件数に応じて給料が比例する

ステップ3:伝えることと伝えないことを決める

ここからは転職活動におけるエントリーシート対策や面接対策といった話に関連してきます。

結論から言うと、伝えること=「転職で成し遂げたいこと」、伝えないこと=「転職を考えたきっかけ」になるんですよ。

先ほども見たように「転職を考えたきっかけ」がマイナス要因を取り除くといった要素が強い場合は、採用側からすると「この人はマイナス要素があると転職してしまう」と悪く捉えられてしまいますよね。

その場合、「飛び込み営業ではなく、ルート営業がやりたい」のように個人的な意向である可能性が高く、あなたを採用することで会社にとってどうプラスに働くかはよくわからないですよね。

では、単純に「転職で成し遂げたいこと」を伝えればいいかというとそうではなく、これも「起業をするための学びの場」といったような個人的な意向であればNGなんです。

営業の転職理由を整理するときの注意点

「転職したい」と一度でも思ってしまうと、無理して転職理由を整理したくなってしまうものですが、冷静に考えてみましょう。

転職理由を整理するときの注意点としては2つあります。

営業の転職理由を整理するときの注意点

  1. 相手起点で考える
  2. 転職理由がマイナスなものだけなら転職しない

注意点1:相手起点で考える

転職活動は、営業活動と同じで「自分」という商品を売り込むことなんですよ。

営業活動では、顧客のニーズを把握して、それに合った提案をしなければならないのと同じで、転職活動では、応募する会社を顧客と捉え、その会社がどんな人材を欲しているのか把握して、アピールしましょう。

先ほども少しお伝えしましたが、「起業をするための学びの場」といった自分起点の話なんて採用側からしたら全く興味のないことなんですよ。

こんな話をしたら「営業活動でニーズに合った提案ができません」と言っているようなものなんですね。

なので、自分の転職理由がその会社にメリットのあるものでなければなりません。

注意点2:転職理由がマイナスなものだけなら転職しない

ステップ1で洗い出した転職理由が「転職を考えたきっかけ」に該当する「残業が多い」「飛び込み営業が辛い」といったマイナスなものしか出てこない場合があります。

そのときは、転職は一度立ち止まりましょう。

それは内定がもらえないからという意味ではなく、たとえ内定がもらえたとしてもすぐに転職してしまう可能性が高くなってしまうからなんですよ。

マイナスなものを取り除くためだけが転職理由の場合、新たな転職先で予期せぬ「ノルマが厳しい」といったマイナスなものを感じてしまったら、それが理由でまた転職をしたいとなってしまいます。

しかし、もし「転職で成し遂げたいこと」がある場合は、多少のマイナスがあったとしても「〇〇を成し遂げるために頑張る!」といったモチベーションの源泉があるので、あまり問題にはならなんですよね。

営業におすすめな転職エージェント

転職エージェントはそれぞれに違う強みがあったりするので、求人数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」や「doda」を登録しつつ、その他は目的別に自分の合った転職エージェントに登録した方がいいんですよ。

参考:営業におすすめな転職エージェント

転職エージェントこんな人におすすめ
リクルートエージェントとにかく多くの求人を確認したい人
doda自分のペースで転職活動を進めたい人
パソナキャリア手厚いサポートを受けたい人&女性向け
マイナビエージェント20代におすすめ
JACリクルートメントハイキャリア転職を狙う人
ビズリーチ高収入企業からスカウトを受けたい人
ワークポートIT・Web業界への転職したい人

参考:転職サイト・エージェントに関する記事

まとめ

ここでお伝えしたことは、どの職種においても重要なことです。

ただ、営業の転職活動は営業活動そのものでもあるので、他の職種よりも普段の仕事ぶりが現れるんですね。

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の転職

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5