営業はやりがいがないは間違い!感じるやりがいと感じない原因と対策!

営業はやりがいがない
  • 営業のやりがいを知りたい!
  • 営業の種類毎にやりがいって違うの?
  • とはいえ、営業って大変なんだよね?

このような悩みを解決する記事となっています。

営業でやりがいを感じるポイントは、営業の種類によっても違いますので、10年間3社での営業経験を基に語っていきたいと思います。

ここでは、営業種類別のやりがいを感じる場面とやりがいを感じるための方法についてご紹介します。

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

営業はやりがいを感じないのか?

営業を大変だと感じる人もいれば、営業を楽しいと感じる人もいます。

マイナビが営業職81人に「営業職は辛いですか?それとも楽しいですか?」とアンケートを取った回答は以下の通りです。

  • 辛い:42人(51.9%)
  • 楽しい:39人(48.1%)

出典:営業職社会人に聞いた、ぶっちゃけ営業って「辛い」「楽しい」どっち?! 5割が選んだホンネは……

営業職の約半分の人が楽しい感じているようですね。

なので、営業にやりがいを感じている人もいれば、営業にやりがいを感じてない人もいるようですね。

営業のやりがいは種類別で異なる

営業のやりがいを私の経験を基にお伝えしていきます。

ここでは、全営業職共通のやりがいと営業種類別のやりがいとで分けて見ていきます。

まず、営業には形態別の「メーカー営業/代理店営業/商社営業」、商材別の「有形営業/無形営業」、方法別の「ルート営業/新規営業」、顧客別の「法人営業/個人営業」があります。

営業の所属先

営業の種類2

私自身、商社(⑤法人新規向け有形商社営業)、人材開発会社(⑧法人既存向け無形メーカー営業)、IT企業(②法人新規向け無形メーカー営業)と経験したことがありますが、このように営業の種類が変わるとやりがいも大きく変わりました。

営業マン
そのため、「営業は〇〇がやりがいだ!」と決めつけてしまうのではなく、営業の種類別でやりがいを理解しておくのが良いです。

営業はやりがいがないは間違い!種類別で紹介!

ここからは、全営業職共通のやりがいと営業種類別のやりがいを分けて見ていくことにします。

全営業職共通のやりがい

全営業職共通のやりがいは以下のものがあります。

全営業職共通のやりがい

  1. 成果が数字に現れる
  2. 人との繋がりが増える
  3. 人とのコミュニケーションが上手くなる
  4. 汎用的なスキルが身につく

やりがい1:成果が数字に表れる

営業は明確に成果が数字に現れる仕事になります。

一月、半期、年間といった単位で「Aさんは、〇円の売上を獲得しました」と明確に数値化され、良くも悪くも数字で成果が分かります。

したがって、「次は〇円を目指すぞ」「Bさんには絶対勝ってやる」といったように、この数字がやりがいやモチベーションに繋がることもあります。

「3ヶ月後に〇kg痩せる」「TOEICで〇点取る」という目標を立てて、それをモチベーションに頑張ってきたという人もいますよね。まさにその感覚です。

営業マン
また、成果が明確に数値化されるので、成果を出したときには評価されやすく、歩合制を導入している会社であれば給料アップも狙えます。

やりがい2:人との繋がりが増える

社内外も含めると「人との繋がり」が多い職種となります。

人との繋がりが多くなると、ビジネスにおけるさまざまな有益な情報や知識を得ることができたり、相手が優秀な人であればその人のスキルを盗んで自分のモノにすることだってできます。

また、長期的な関係を持つことができれば、仮に自分の環境が変わったとしても、「また協力して欲しい」と仕事の依頼が来ることだってあります。

やりがい3:人とのコミュニケーションが上手くなる

自社の商品を顧客に購入してもらわなければなりません。

そのためには、「この商品はぜひ購入したい!」と顧客の心を動かしていく必要があります。

顧客の心を動かすためには、「なぜこの商品が良いのか」を論理的に説明するのに加えて、感情にも訴えかけないといけません。

そして、営業を経験していくと、なぜ購入してくれたのか、なぜ購入してくれなかったのか、自分には論理と感情のどっちが不足していたのかといったことが経験していく中でわかってくるようになり、徐々に人とのコミュニケーションが円滑に図れるようになります。

営業マン
営業で身につけたコミュニケーション術は、普段の生活の中でも活用することができます。

やりがい4:汎用的なスキルが身につく

他の業界や他の業種でも活かせる汎用的なスキルを身につけることができます。

特に以下の4つのスキルを活用する場面が多く、経験とともに着実にスキルアップしてきます。

  1. 仮説思考力
  2. 論理的思考力
  3. 確率思考力
  4. PDCA力

また、顧客のフロントに立って仕事の依頼を持ってくる営業職がないといった企業はありませんので、今後、転職もしやすいですし、起業するにしても必ずその経験が活きます。

メーカー営業のやりがい

メーカー営業とは「自社の商品やサービスを顧客に売る営業」となります。

メーカー営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 自社の商品やサービスを世の中に広められる
  2. 顧客の課題解決を自らが中心となってできる
  3. 専門性が高い

やはりメーカー営業は、自社の商品やサービスを扱っているということで、誇りを持って世の中に広めていけるところがあります。

また、先ほど「提供するものが自社の能力に限られる」と言いましたが、とはいえ、商社営業とは違って、自分達の能力で直接顧客の課題を解決できるところに喜びを感じます。

代理店営業のやりがい

代理店営業とは「自社の商品やサービスを売ってくれる代理店の開拓やサポートをする営業」となります。

代理店営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 会社(代理店)の経営をサポートできる
  2. チーム一丸となって仕事を進められる
  3. 経営者や管理職に必要なスキルが身につく

代理店営業は、代理店のサポートが大変な仕事ではあるのですが、目標を達成したときには代理店の人達とその喜びを分かち合うことができます。

また、その過程で、販売戦略を考えたり、マネジメントをしていったりと、経営者や管理者に必要なスキルを身につける機会があることもプラスの要素かと思います。

商社営業のやりがい

商社営業とは「他社の商品やサービスを仕入れて顧客に売る営業」となります。

商社営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 本質的な課題解決に関われる
  2. 課題解決能力が身につく
  3. 人と人を結びつけて新しい価値を出せる
  4. 給料が高め

商社営業は、自社で持っている商材ありきで解決策を検討するのではなく、顧客の課題ありきでそれを解決できる商材を検討するので、本質的な課題解決に関われます。

そのため、課題解決能力を高めていくことができます。

また、その過程で、様々な企業や人を繋げていくことで、新しい価値を創出できるようになることもやりがいを感じることがあります。

有形営業のやりがい

有形営業とは「形のある商材を扱う営業」となります。

有形営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 成果が目に見える
  2. 仕事に愛着が湧きやすい

有形とはその名の通り「形のある商材」を扱うので、商材が売れた時には成果が目に見える形でわかります。

「あの家は俺が受注した」「うちの商品はこのブランドの洋服の素材に使われている」等と、世の中に目に見える形で自分の成果が現れるのは嬉しいものです。

また、目に見える商材を扱っている分、その商品や仕事自体にも愛着が湧きやすくなります。

普段の生活でも「物に愛着が湧きすぎて捨てられない!」といったことがあると思います。

それと同じことが有形営業にもあって、「こんなに良い商品だったら、ぜひお客さんにも購入して使ってもらいたい!」とモチベーションになることがあります。

無形営業のやりがい

無形営業とは「形のない商材を扱う営業」となります。

無形営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 自分のアイデアが形になる
  2. 思考スキルが身につく

有形営業だと、営業が勝手に商品のスペックや形を変えることはできません。

しかし、無形営業は「課題解決策そのものを提案する営業」となるので、営業自身で考えたアイデアが採用されて、そのまま解決策として使われる(=サービス化される)こともあります。

ただし、課題解決策が簡単に思い浮かぶわけではありません。

まず、顧客の課題・原因を正確に理解し、今ある情報を整理しながら「仮にこのような方法なら課題を解決できるのではないか」といったように仮説思考をして、なぜその方法だと課題を解決できるのかを論理的思考を駆使して説明していかなければなりません。

このような過程を経ることで、課題解決といった面での思考スキルが身につきます。

ルート営業のやりがい

ルート営業とは「既に取引のある顧客に対して、定期的に仕事の依頼を受ける営業」となります。

ルート営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 顧客から頼られていることを実感できる
  2. 顧客のビジネスを深く知れる
  3. 既に関係性のある顧客のため精神的には楽

ルート営業は、長期に渡って顧客と関係性を築いていくので、「〇〇さんに支援してもらいたい!」等と頼られることを実感できます。

そのように頼られる存在になるためには、その顧客の業界、ビジネスモデル、課題等を知らなければならないので、自ずと知識が身につきます。

そうなると、「〇〇業界のことは〇〇さんに聞けばいい!」といったように、社内でもその業界のスペシャリストになることもあります。

新規営業のやりがい

新規営業とは「全く取引のない顧客に対して、新しく仕事の依頼を受ける営業」となります。

新規営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある
  2. ゼロから仕事を作る喜び
  3. 会社の成長に貢献できていると実感できる
  4. 高いレベルでスキルが身につく
  5. 成績次第で給料が増える

新規営業は、自らの手で新しいビジネスを作っていけるということで、新聞の一面を飾るような世の中にインパクトを与えられる可能性を秘めています。

また、新しい顧客との取引を開始することができれば、「A社は〇〇さんが開拓した第一人者だ!」と上司や同僚から言われることもあるでしょう。

さらに、新規営業は、ルート営業と比べると難易度が高いので、それだけ高いレベルでスキルが身につくことも長い目で見ると大きいです。

法人営業のやりがい

法人営業とは「企業などの団体が顧客の営業」となります。

法人営業ならではの大変さについては、以下のようなものがあります。

  1. 世の中に大きなインパクトを与えることができる
  2. 達成感が大きい
  3. 高いレベルでスキルが身につく
  4. 残業が少なめ、土日祝日で休みが取りやすい
  5. 給料が高め

法人の場合、取引金額が大きくなる分、世の中に大きなインパクトを与えたり、達成感も大きくなります。

また、一つの案件を受注できる難易度が高くなる分、食いっぱぐれないスキルを身につけることができます。

さらに、法人も土日祝日が休みなので、それに合わせて休みになる傾向があったり、大きな金額が動くため給料も高めに設定されていることが多いです。

個人営業のやりがい

個人営業とは「一般家庭の方が顧客の営業」となります。

個人営業ならではのやりがいについては、以下のようなものがあります。

  1. 人の人生に直接関与できる
  2. 人間力(センス・人柄など)が磨かれる
  3. 成績次第で高収入が得られる

法人営業の場合だと、あくまでその商品やサービスの恩恵を受けるのは法人となりますが、個人営業だと、その恩恵を受けるのは個人になるので、人の人生に直接関与でき、心の底から感謝されることもあります。

また、相手にする個人は自分で購入の意思決定をするので、「あの営業マンは良い人そうだから」と個人的な感情だけで購入をしてくれる可能性があります。

そうなると、論理的に商品やサービスのメリットを訴えかけるだけではなく、相手の感情に訴えかけていくことも重要になり、人間力といったものが鍛えられることもやりがいになるでしょう。

「営業にやりがいがない」と感じる原因

私自身、1,2社目に在籍していた会社では「営業にやりがいがない」という状態になってしまいました。

なぜ、「営業にやりがいがない」となってしまっていたのか、その原因についてお伝えしていきたいと思います。

営業にやりがいを感じない原因

  1. やりがいは見つけるものだと思っている
  2. 自分に合った営業ができていない
  3. 仕事ができない

原因1:やりがいは見つけるものだと思っている

「この仕事はやりがいがないから、転職すればやりがいが見つかるかも!?」という発想は危険です。

要は、「やりがい」というものがどこかに転がっていて、それをただ見つけられてないだけだ、と思っているのは間違いということです。

この考えを持っていると、転職を繰り返してしまうことにもなってしまいます。

当時の私は馬鹿だったので、「自分の輝ける場所はどこかにあるはずだ!」という期待を持って2回の転職しましたが、そんな場所どこにもありませんでした。

営業マン
やりがいは見つけるものではありません!

原因2:自分に合った営業ができていない

あまりにも自分の適性に合っていない仕事の場合も、やりがいを持ちづらくなってしまいます。

実は、営業と一言で言っても、いくつもの種類があるのはご存じでしょうか。

そして、その営業の種類によって、仕事内容、必要なスキル、達成感、きついところ等と日々の仕事の仕方や感じ方が変わってきます。

また、それだけではなく、年間休日数、休める曜日、残業、年収等といった日々の生活面も変わってきます。

そのため、自分に合った営業ができていないといったことが原因になることは大いにあり得るのです。

原因3:仕事ができない

そもそも営業という仕事が全くできないのもやりがいが持てない原因の一つになります。

走ることが苦手な人が毎日ランニングをすることはきついですよね?単調な仕事をすることが苦手な人が毎日データ入力することはきついですよね?

それと同じことが営業という仕事にも当てはまるのです。

私も営業を経験して間もない頃を振り返ってみると、ノルマも達成することも、契約の一つを取ることさえできていませんでした。

そうなると、やりがいを持つことなんてできるはずがなく、「〇〇のお客さんと話するの嫌だな」とか「飛び込み営業なんてやりたくないな」とマイナスの方向ばかり考えてしまっていました。

「営業にやりがいがない」を脱する方法

そんな私でしたが今では「営業にやりがいがない」を脱することができました。

そのための具体的な方法についてご紹介します。

「営業にやりがいがない」を脱する方法

  1. やりがいは自分の手で作るものだと理解する
  2. 自分に合った営業を選択する
  3. スキルアップ、正しく営業をする

方法1:やりがいは自分の手で作るものだと理解する

これは原因1の「やりがいは見つけるものだと思っている」に対する解決策となります。

やりがいはどこかに転がっているものではなく、自分の手で作るものだと理解をし直すということです。

私も転職を2回してやりがいを見つけることができず、状況が何も変わらなかったことで、「これは自分自身の問題なのではないか?」とはっとさせられました。

そして、3社目の会社では、考え方を変えて、今の自分にできることをコツコツとやったり、自分なりに仕事の仕方を工夫しながらやることで、それがやりがいに変わっていくこと実感しました。

営業マン
ホリエモンも本の中で同じようなことを言っていました。

あなたにもマニュアル通りにこなした場合だと1時間掛かっていた仕事が、自分流のやり方でやると45分で仕事を終えることができた経験等あるのではないでしょうか。

このようにマニュアル通りではなく、もっとうまくできる方法はないと自分の頭で考えることで、やりがいをつくっていくのでしょう。

仮説を立て、実践し、試行錯誤を繰り返す。そんな能動的なプロセスの中で、与えられた仕事は「つくり出す仕事」に変わっていく。仕事とは誰かに与えられるものではない。

出典:ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)

方法2:自分に合った営業を選択する

これは原因2の「自分に合った営業ができていない」に対する解決策となります。

今振り返ってみると、「やりがいは自分の手で作るもの」に気づくだけではなく、転職をして自分に合った営業に出会えたことも大きいと考えています。

私の場合、「有形営業」から「無形営業」へ転職して変わったのですが、既に決まった商材を売るより自分のアイデアを商材に反映させて売る方が、仕事としては楽しいと思えたのです。

なので、上記で説明したように、営業にはたくさん種類があるので、それぞれの特徴をチェックして、ぜひ自分に合ったものを選択するべきです。

当サイトおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント:
ㅤ求人数No.1・アドバイザーの質が高い
https://r-agent.com/

doda:
ㅤ求人数No.2・幅広い求人
http://doda.jp/

方法3:スキルアップ、正しく営業をする

これは原因3の「仕事ができない」に対する解決策となります。

やはり契約が取れるようになってくると、ノルマが達成できるようになってくると、毎日の仕事が楽しくなってきますし、「今度は〇〇をやってみよう!」と主体的に色々なことがやりたくなってきました。

そして、営業という仕事ができるようになるためには、スキルアップと正しい営業フローで行動することが重要であると考えています。

まず、以下の4つのスキルが営業には必須です。

  1. 仮説思考力
  2. 論理的思考力
  3. 確率思考力
  4. PDCA力

また、それらのスキルは、以下の6つのフローで正しく活用していくことが大事です。

  1. リスト選定
  2. ニーズの仮説構築
  3. アプローチ
  4. 面談
  5. プレゼン・クロージング
  6. 見込み顧客管理
営業マン
詳しくは以下の記事で書いています。

まとめ

本記事のまとめ

  • 営業はやりがいを感じるのか?:営業職の51.9%は辛い、48.1%は楽しいと感じている
  • 全営業職共通のやりがい:①成果が数字に現れる、②人との繋がりが増える、③人とのコミュニケーションが上手くなる、④汎用的なスキルが身につく
  • メーカー営業のやりがい:①自社の商品やサービスを世の中に広められる、②顧客の課題解決を自らが中心となってできる、③専門性が高い
  • 代理店営業のやりがい:①会社(代理店)の経営をサポートできる、②チーム一丸となって仕事を進められる、③経営者や管理職に必要なスキルが身につく
  • 商社営業のやりがい:①本質的な課題解決に関われる、②課題解決能力が身につく、③人と人を結びつけて新しい価値を出せる、④給料が高め
  • 有形営業のやりがい:①成果が目に見える、②仕事に愛着が湧きやすい
  • 無形営業のやりがい:①自分のアイデアが形になる、②高いレベルでスキルが身につく
  • ルート営業のやりがい:①顧客から頼られていることを実感できる、②顧客のビジネスを深く知れる、③既に関係性のある顧客のため精神的には楽
  • 新規営業のやりがい:①世の中で初めての仕事に関われるチャンスがある、②ゼロから仕事を作る喜び、③会社の成長に貢献できていると実感できる、④高いレベルでスキルが身につく、⑤成績次第で給料が増える
  • 法人営業のやりがい:①世の中に大きなインパクトを与えることができる、②達成感が大きい、③高いレベルでスキルが身につく、④残業が少なめ、土日祝日で休みが取りやすい、⑤給料が高め
  • 個人営業のやりがい:①人の人生に直接関与できる、②人間力(センス・人柄など)が磨かれる、③成績次第で高収入が得られる
  • 「営業にやりがいがない」と感じる原因:①やりがいは見つけるものだと思っている、②自分に合った営業ができていない、③仕事ができない
  • 「営業にやりがいがない」を脱する方法:①やりがいは自分の手で作るものだと理解する、②自分に合った営業を選択する、③スキルアップ、正しく営業をする

\営業の仕事全般を知りたい方へ/

営業の仕事内容へ戻る

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

-営業の仕事内容

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5