商社営業は楽なのか?それは選ぶ会社と適正によるので解説します!

商社営業が楽だと感じるポイント
  • 商社営業が楽だと感じるポイントは?
  • 逆に商社営業がきついと感じるポイントは?
  • 商社営業が楽だと感じる転職先の条件は?

このような悩みを解決できる記事となっています。

私自身は、商社で4年間勤めていた頃に、自社の商品を売るメーカーの役割、代理店をサポートする役割、他社の商品を売る商社の役割の3つを経験しています。

ここでは、これから商社営業を目指したいという方に向けて、同じ形態別に分類されるメーカー営業、代理店営業と比較した場合の楽だと感じるポイントやそのための転職先ついてご紹介します。

元底辺営業マン
まず商社営業の仕事内容を知りたい方は、是非以下の記事もお読みください。

商社営業は楽だと感じる人はいる?

商社営業は楽だと感じる人はいるのでしょうか。

yahoo知恵袋で「商社営業 楽」と検索してみると、以下のようなやり取りがありました。

  • (質問)商社って楽ですか? ⇒ (回答)楽な仕事はありません。
  • (質問)商社が人気あるのは何故ですか?メーカーの方がらくだと思うんですが間違ってますか? ⇒ (回答)メーカーの方が楽だとは一概に言えません。職場によると思います。
  • (質問)メーカーと商社、働くとしたらどっちが楽ですか? ⇒ (回答)適性によります。
  • etc...

出典:yahoo知恵袋(コメント一部抜粋)

このように「楽な仕事はない」「会社による」「適正による」等の意見がありました。

私自身、4年間商社営業を経験していますが、まさにその通りだと感じております。

自分が得意なことであれば楽と感じることがあるので、商社に向いているor向いていないといったことも大事だと考えています。

また、商社の中にも色々とあるので、どの商社を選択するかによっても変わってくるので、本記事の後半で解説したいと思います。

商社営業が楽だと感じるポイント

ここからは私が実際に商社営業が楽だと感じたポイントについてご紹介していきます。

同じ形態別に分類されるメーカー営業、代理店営業と比較した場合の「商社営業が楽だと感じるポイント」は以下の3つとなります。

商社営業が楽だと感じるポイント

  1. 専門家にならなくてもいい
  2. 自分の頑張りが直接成果に反映される

ポイント1:専門家にならなくてもいい

商社営業は「他社の商品やサービスを仕入れて顧客に売る営業」であり、あくまで他社の商材を売るので、必ずしもその専門家にならずとしても売ることはできます。

たとえば、顧客のニーズを満たすものがあるメーカーの商品だった場合、顧客とメーカーを結び付けて、商品の提案内容の検討やプレゼンはメーカー側にお任せするといったこともあります。

一方、メーカー営業は「自社の商品やサービスを顧客に売る営業」で、自社の商材を扱っている以上、その商材における専門家として提案やプレゼンをしなければなりません。

元底辺営業マン
購入する側も「ちょっと詳しいことは分かりません。」という営業マンから買いたいとは思わないですよね。

ポイント2:自分の頑張りが直接成果に反映される

商社営業は、メーカー営業と同様、直接顧客に商品やサービスを売ることができます。

そのため、他社の商材ではありますが、自らの営業活動によって売ることができれば、その頑張りが直接成果に反映されます。

一方、代理店営業は「自社の商品やサービスを売ってくれる代理店の開拓やサポートする営業」で、自社の商品やサービスを代理店の人達が売れるようにサポートしていく営業なので、成果は代理店の人達の頑張りにも依存してしまいます。

このように、商社営業は代理店営業と比べて、自分の頑張りが直接成果に反映されることが楽だと感じる人もいます。

【参考1】商社営業に向いてる人の特徴

商社営業は楽だと感じるためには、商社営業に向いてるかどうかも重要です。

以下の4つが商社営業に向いてる人の特徴だと考えています。

  1. 柔軟な考えができる人
  2. 色々なことに好奇心がある人
  3. リーダーシップがある人
  4. 稼ぎたい人

【参考2】商社営業にやりがいを感じるポイント

商社営業は楽だと感じるだけではなく、もちろんやりがいを感じるポイントもあります。

以下の4つが商社営業にやりがいを感じるポイントだと考えています。

  1. 本質的な課題解決に関われる
  2. 問題解決能力が身につく
  3. 人と人を結びつけて新しい価値を出せる
  4. 給料が高め

商社営業が楽だと感じるだけではない

商社営業が楽だと感じる反面、いくつかきついところを感じることがあります。

そこで、私が実際に感じた商社営業ならではのきついところは以下の通りです。

  1. 扱う商材が多い
  2. メーカーと顧客との板挟み
  3. 多くの人を巻き込まないといけない
  4. メーカーがいなければ何もできない
  5. 飲み会が多い

先ほど専門家にならなくていいという話をしましたが、もちろん買い手と売り手を結び付ける役目である以上、ある程度の商材の知識は必要になりますし、扱う商材が多くなればなるほどインプットの量も増えてしまいます。

また、顧客側とメーカー側の両社の調整をしなければいけないですし、それに伴って様々な人達をリードしなければなりません。

さらに、商社営業は、飲み会が多いことによって、体力的にも金銭的にも削られてしまうケースがあります。

商社営業が楽だと感じる転職先の条件

先ほどご紹介したように、商社営業になれば必ず楽だと感じるわけではありません。

ただし、さきほどの商社営業が楽だと感じるポイントを享受したい方は、転職先の条件があるのでご紹介します。

商社営業が楽だと感じる転職先の条件

  1. メーカー系専門商社
  2. 商流の川下に位置する会社

条件1:メーカー系専門商社

条件1は「商社営業が楽だと感じるポイント」の1の「専門家にならなくてもいい」に関わるものです。

専門家にならなくてもいいと言いつつも、取り扱う商品やサービス数が多くなると大変になるので、なるべく取り扱う商材が少ないメーカー系専門商社へ転職するという提案です。

そもそもメーカー系専門商社とは、自社が属するグループのメーカーの商品やサービスを主に取り扱う会社のことです。

たとえば、メーカー系専門商社には以下のような企業があります。

  • JFE商事
  • 日鐵商事
  • 日立ハイテク
  • etc...

基本的には自社グループのメーカーの商材を中心に売ることになるので、勉強する商材の知識も限定的となり楽になる傾向にあります。

一方、独立系専門商社は、売る商品やサービスから選定する必要があり、それが商談毎に異なるケースがあるので、そのたびに勉強しなければなりません。

元底辺営業マン
もちろん、各商材の専門家になれるならなった方が良いです。

条件2:商流の川下に位置する会社

条件2は「商社営業が楽だと感じるポイント」の2の「自分の頑張りが直接成果に反映される」に関わるものです。

要は、必ずしも自分の頑張りが直接成果に反映されない代理店営業を避けるという提案です。

商流の川下に位置する会社だと、直接顧客へ商品やサービスを売る機会が多くなるので、代理店や卸といった仲介業者を相手にすることは少なくなります。

一方、商流の川上に位置する会社だと、代理店や卸といった仲介業者を相手にする機会が多くなるので、自分の頑張りが直接成果に反映されない機会も多くなるということです。

元底辺営業マン
ただし、川下になればなるほど取引先は多くなったり、細かい要求に応えなければなりません。
元底辺営業マン
営業におすすめな転職サイト・エージェントについては、以下に詳しくまとめています。

まとめ

この記事では、商社営業が楽だと感じるポイントについて紹介しました。

本記事のまとめ

  • 商社営業が楽だと感じるポイント:①専門家にならなくてもいい、②自分の頑張りが直接成果に反映される
  • 商社営業が楽だと感じるだけではない:①扱う商材が多い、②メーカーと顧客との板挟み、③多くの人を巻き込まないといけない、④メーカーがいなければ何もできない、⑤飲み会が多い
  • 商社営業が楽だと感じる転職先の条件:①メーカー系専門商社、②商流の川下に位置する会社

営業の転職を成功させるなら!

転職を成功させるなら、「転職サイト」で効率良く自分に合った求人を探し、「転職エージェント」で書類選考通過率を高められます。

そして、営業に向いている「転職サイト」「転職エージェント」が存在するので、そのサービスを活用することで、さらに営業の転職成功確率が高まります。

\こちらから無料登録もできます/

 

  • この記事を書いた人

元底辺営業マン

上智大学▶上智大学大学院▶大手商社4年(年収450万円)▶ベンチャー企業8ヶ月(年収500万円)▶IT企業5年(年収900万円)と営業職を約10年経験。底辺営業マンから抜け出した仕事術や転職術を発信しています。

-営業の種類

© 2022 営業大学 Powered by AFFINGER5