営業の転職活動の準備と進め方!転職2回経験者が徹底的に解説します!

営業の転職
  • 営業の転職活動ってどうやるの?
  • 成功するための秘訣は?
  • 効率良く転職活動を進めたい!

このような悩みを解決する記事となっています。

転職を成功させるためには、転職活動の流れを理解し、入念に準備を行うことが何より大切です。

転職のステップ

  1. 転職活動の準備
  2. 志望業界・求人の見極め
  3. 応募書類の作成
  4. 面接・選考
  5. 内定受諾・退職準備

ここでは、営業の転職活動の準備と進め方ついてご紹介していきます。

【ステップ1】転職活動の準備

営業の仕事を楽しむためのステップ」でお伝えしたように、いきなり転職を決断する前に、1.現状の課題と将来の目標の整理、2.スキルアップ&正しく活用する、3.自分に合った仕事を知るのステップを踏みます。

その上で、転職活動も視野に入れた方が良いと判断した場合は、転職活動の準備へと移っていきます。

転職活動の準備

  1. 転職の目的を整理する
  2. 転職における諸々の不安を取り除く
  3. 在職中か退職後に転職活動をするか決める

参考:転職の目的について
参考:転職は悪いことなのかについて
参考:大企業は辞めても後悔しないのかについて
参考:一生同じ会社はどうなのかについて
参考:なんとなく転職をしてもいいのかについて
参考:転職に失敗してしまったらどうなるのかについて
参考:やりたいこと?できること?どちらで考えるべきかについて
参考:働きながら転職か退職後に転職かについて

【ステップ2】志望業界・求人の見極め

ステップ1で整理した転職先企業の条件に合った求人が存在するか確認していきます。

そのために、転職サイト(=求人を自分で探して、応募から面接まで進めていく転職サービス)と転職エージェント(=キャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービス)を活用していきます。

志望業界・求人の見極めのステップ

  1. 転職サイト・エージェントに登録する
  2. 転職サイトで条件に合った求人を検索する
  3. 気になった求人を転職エージェントに伝える
  4. 転職エージェント経由から推薦状付きで応募する

参考:営業におすすめの転職サイト・エージェントと使い方について

【ステップ3】応募書類の作成

応募書類、特に職務経歴書は、書き方によって選考に影響が出やすい重要な書類です。

以下の8つのポイントを盛り込むようにし、特に自己PRと志望動機は力を入れましょう。

営業の職務経歴書を書くときのポイント

  1. タイトル・日付・氏名
  2. 職務要約
  3. 勤務先企業
  4. 職務経歴
  5. スキル・活かせる知識
  6. 資格・免許
  7. 自己PR
  8. 志望動機

参考:営業の転職時の職務経歴書について
参考:営業の転職時の自己PRについて
参考:営業の転職時の志望動機について
ㅤ┗ 参考:キャリアで成し遂げたいことについて
ㅤ┗ 参考:成し遂げたいと思ったきっかけについて
ㅤ┗ 参考:企業選びの軸について
ㅤ┗ 参考:企業選びの軸に沿って選択した志望業界について
ㅤ┗ 参考:取り組みたい仕事について
ㅤ┗ 参考:業界の中でも選択した会社の理由について

【ステップ4】面接・選考

面接を上手く乗り切るためには、出たとこ勝負ではなく事前準備が必須です。

必ず以下の4つのポイントを押さえて面接に挑むようにしましょう。

営業の面接を受けるときのポイント

  1. 面接の評価基準を理解する
  2. 面接の流れを理解する
  3. 面接でよく聞かれる質問を理解し、適切な回答を用意する
  4. 面接ですべき質問を理解し、適切な質問を用意する

参考:営業の転職時の面接について

【ステップ5】内定受諾・退職準備

企業から内定の連絡が来たら、入社の承諾をする前に労働条件を確認します。

問題がなければ、入社の承諾をするわけですが、入社日を決めるためにも退職の手続きを並行して進めなければなりません。

内定受諾・退職準備のステップ

  1. 退職を切り出す
  2. 退職日の取り決め
  3. 退職願・退職届を提出する
  4. 引き継ぎと挨拶を行う

© 2021 営業大学 Powered by AFFINGER5